隊長との対談


●対談者紹介(文責:B.B)


 

B.B おう。
隊長 うむ。
B.B とりあえずどーするね。当面の話題でも設定するか?
まあしかし、昔に比べると随分趣味が変わってきたもんだな俺達も。
当時はとりあえずエロゲが共通の話題だったが、今はどうなんだろ。
隊長 ちょっと待ってくれ。
なんかウイルスバスターの更新で、メッセンジャー以外がフリーズした。再起動するので待っててくれ。
B.B 了解。
隊長 戻った。
B.B おう。
隊長 何かこのところよくフリーズするよ。XPなのになんだ、この不安定さは。
B.B DELLだからか?
隊長 いや、DELLだから不安定という噂は聞いたことが無いから、多分俺が悪いんだろう。
B.B ま、やたらめったら並行処理でもせん限り大丈夫だろう。一応こっちでもログ取っとくんで、万一凍っても問題ナシ。
隊長 そうだな。
B.B で、とりあえず第一章の話題はどうするね。お前に任せる。
隊長 分かった。

 

第一章 俺(隊長)のパソコンが五月蝿い

 

隊長 どうすればいいんや?
B.B 五月蝿いってーのはドライブの話か?
隊長 いや、ファンにホコリが溜まっていると見た。
B.B エアダスター使え。と言うか、ファンに絡むほど埃を溜めるなよ。普通有り得んぞ。
隊長 掃除しようにも、あそこだけ厳重にコーティングされていて掃除しようが無い。エアダスターは使ったんだがな……
B.B ファン外すぐらいできるだろ。出来なきゃおかしいぞ。
隊長 外見上は、ホコリは消滅したはずなんだがな……なぜか以前より五月蝿い。
B.B 取り替えてしまえ。極端な話、換気扇なしでもPCは動く。
隊長 いや、熱はやばかろう。
……というような感じで、対談を進めていくか。
B.B そうするか。で、適当な所でぶった切って次の話題へ、と。
しかし実際の話、それを言うなら昔のファミコンのACアダプタとPS-oneは問題だろう。
隊長 あれは一応それに基づいてあるから動くが、PCはやばいよ。恐ろしい熱さになる。
B.B あおいでやれ。これからの季節、扇風機だってある。
隊長 戻った。
B.B また止まったか。
隊長 ああ。キリがいいので、次の章へ行くか。

 

第二章 少年マガジンの迷走とそれを顕著に表した某作品

 

B.B で、少年マガジン連載中の「ツバサ」についてだが。単刀直入に聞くが、アレ面白いか?
隊長 俺自身は楽しめてないというのが現状だね。
B.B CLAMPマニアなら楽しめるんだろうか。
隊長 多分、それは大丈夫なんじゃないだろうか。あの作品自体は別に「こんなのCLAMPの作品じゃねー」ってものにはなってないと思う。
B.B 俺はCLAMP云々と言えるほどCLAMP作品を見たわけじゃないが、もしあの作品に、CLAMPというネームバリューがなけりゃ、打ち切りコース一直線だと思うんだが。
大体九段だか八段だか知らんが、要領はただの超能力だべ、あれ。
隊長 いや、そこは特に問題じゃあないだろう。特異能力ネタは別に取り立てて珍しいものではないが、それで面白いものも沢山ある。
巧断っていう変な名前を付けるところは、さすがCLAMPさんだなって俺は思ったよ。
富野さんにしてもそうだが、あの辺のネーミングセンスは俺にはないな、と。
B.B ネーミングセンスが特殊なのはいいんだよ別に。と言うかお前、遠回しにそれ以外に見所がないと言うてるのか。
隊長 いや、今、巧断としての話をしたからそういう話にしただけだ。
俺のツバサの今のところの感想は、既存のCLAMPキャラを知っているかどうかで面白さが決まるだろう。
最近のオタの傾向として、「元ネタ探し」をするのが大好きみたいだからそういう作業をするつもりなら、楽しめるだろうな。と。
B.B そりゃ、知らない人間は最初っから置いてけぼりってことか?それも意図的に?
隊長 そこは、まだどうするか分からんのだよ。俺も。今の段階だと、知ってる人ならいいかも知れないが、知らない人だとキャラの把握が出来てないのは間違いない。
しかし毎週毎週、続々とキャラが出てくるでしょ?
B.B 出てきてるな。
隊長 あのままのノリで説明なしで行くのか、もう少しキャラを描く回を入れるのかは、さっぱり分からん。
B.B その前に打ち切りorマガジンGREATに栄転、と俺は読むが。
隊長 すぐにクビを切ることはないでしょう。XXXHOLICとの関連もあるし。
マガジンとしては、新しい路線だと思うので、多少粘っても成功させたいという思いはあるはず。
B.B 成功するか?俺は「GUN BLAZE WEST」の時以上に猛烈に嫌な予感がするんだが。
隊長 これは完全に俺の私見なんだが、CLAMPさんは、サンデー系の作家なんだよ。つまり天然系、作家性が売りの作家。
B.B つまり、編集部主導のやり方には向かない、と?
隊長 そう。で、今回、マガジンは作家性で売る作家を参入してきた。これは非常に興味深い実験だよね。
B.B しかし何故にマガジンに来たんだ?編集部主導ってのを知らないはずもあるまいに。
隊長 いや、そこがかなり巧みなのよ。
B.B 巧み?
隊長 XXXHOLICとの関わりもあるし、前のキャラの関係もあるから、マガジンと言えども、恐らくネームの直しは無いままに、出されている可能性が高い。
簡単に直しをバンバン入れられる状況にあの作品はなってない。
B.B それって編集部の存在意義を真っ向から否定してないか?
一から十まで手直しせいオリジナルでやれいとは言わんが、あのクオリティで出すのをOKしちゃいかんだろ。
隊長 まああれは前に、日記で書いたが「ありえない」作品なんでな。なんとも言えん。
マガジンがあんなに作家性を推したものを出すのもありえないし、あの絵柄もありえない。
作家性で推すというのは、そういうことでもあるわけだが……
で、クオリティって何の?作画の?
B.B 漫画そのものの総合的な質。ツバサの場合、絵の方はまあいいがストーリーが致命的だ。練り込みがなさすぎる。
週刊連載二本抱えたせいか?
隊長 いや、練りこみはそんなに批判するようなものとは思えないんだがな……舞台設定も色々あるし。
B.B 設定は極端な話、凡庸だろうが斬新だろうがどうでもいいのよ。そこから話がちゃんと膨らまにゃ、何にもなるまいて。
隊長 俺はとにかくキャラがあまりにも説明不足だから、作品になかなか入り込めないのが厳しい。
B.B まあ結局、突き詰めたら俺が言いたいのもそれではあるんだがな。説明不足=練り込みが甘い、と。大体そんな所だ。
隊長 ちょっと繰り返しになるが、前作を知っていれば、キャラの説明不足は補えるんだよ。
ただ、そこまで普通はやらんだろうな、人類はまだそこまでオタには革新してないだろうな、というのが俺の思いです。
B.B あらかじめ基礎知識がないと作品世界に入り込めん作品だと言うなら、俺はもうそれでも構わん。
ただ非常に目障りだから、どっか目立たん所でやってほしいもんだ。同人とか。
隊長 そこまで言わんでいい。
あの作品の出来自体はとりあえず置いておくとしても、これで成功したら、作家性で売る作品がどんどんマガジンでも出てくるかもしれない。
B.B どんどんっつーか、昔はそういう作家しかおらんかった気がするんだがあの雑誌。
結局全ての元凶はラブひなか?ラブひななのか?
隊長 俺はそう見てる。
B.B おのれ赤松。
隊長 しかし赤松さん自体は、自分を持っている作家だよ。
そもそもそういう本当に「狙って」やった人は、あの人が初めてじゃないかな。
ただ、そのあと、馬鹿の一つ覚えの如く、「これをやれば売れる」と勘違いして、続々と展開していったのは、問題と思う。
B.B というか身も蓋もない言い方しちまえば、赤松も相当な馬鹿だからな。
せいぜいが愛すべき馬鹿。意図的であろうとそうでなかろうと、ああいう作品を大っぴらに出せるのは馬鹿です。
隊長 それ言ったら、作家という仕事自体、みんな馬鹿でしょ(笑)
B.B 毒にも薬にもならない、熱くも冷たくもなれない作品を出すから馬鹿。
頭の使い方間違えてる気がするぞ、赤松健って作家は。ストーリーが、なあ。
隊長 まあ、赤松さんに対しては色々意見があるのは知っているけど、あの作品の仕掛け方なり考え方というのは、非常に参考にしております。俺は。
B.B あれを参考にする人間が多数派だからうんざりしてます。俺は。
隊長 (ニヤリ)俺としては、赤松さんタイプの養殖作家は今後増えると思います。
B.B 文月晃タイプが増えるんなら救いもあるんだがな。
隊長 だが文月さんは、赤松さんの仲間だよ。
B.B 「ラブひな」と「藍より青し」を同一に語っちゃいかんだろ。作品の出来から考えて。
隊長 しかし、そもそもあの二人は知り合いだし、作りとして似てるところが多いんだよ。
B.B 似てるかぁ?男一人に対して女がやたらと出てくるって点だけは共通だが、ストーリーの練りこみ方はそれこそ、名人おばあちゃんのうどんと元相撲取りのうどん屋見習いのうどんぐらい違うと思うが。
隊長 どういう比較だよ!!(笑)
B.B 美味しんぼフリークのお前に分かりやすくと思ってだ。
隊長 いや、しかし文月さんも日記があるんだが、あの人も名言が多い。
B.B ほう。例えば?
隊長 「俺は漫画家になったのは、社会に出たくなかったから。後ろ向きな考え方も突き詰めれば、前向きになる」とか、他にも「チカは、TV化に際してキャラのバランス(ロリキャラ不足)ということで緊急に足したものだったが、うまく作中の軌道にのってくれてよかった」とか。
完全な文章じゃないが、大体こんな感じのことを言ってたよ。
B.B 上のはともかく下のは名言といっていいのか。
隊長 多分、文月的には、帰国子女の繭がロリ担当だったんじゃないかと思うんだが、あれでは年齢がまだ高すぎたんだろうね。
B.B そーいやアレ、全部が全部読んだわけじゃないんでストーリーよく知らないんだが、一体どういう経緯でボロアパートから豪邸に移ったんだ?
隊長 あれはヒロインが一緒に住むことになって、それだとあの部屋は相応しくないということで、ヒロイン側の家が用意したものだ。
B.B あのまま神田川やっとけば、それはそれで面白いと思ったんだがな。まあ言うても仕方のないことだが。
隊長 まあな。どっちが良いかはよく分からん。で、何でツバサから文月になったんだっけ?
B.B ツバサから、マガジン絡みで赤松、そこから文月だ。このままだと「ふたりエッチ」に発展してた可能性もあるな。
隊長 おそろしい……
しかし、マガジンもいい雑誌になったものだ……
B.B 俺にとっちゃ腐ってるけどもな。真船一雄カムバック希望。
隊長 俺はクロマティが終わって欲しくない。

 

第三章 読み手として作品を見るのに必要なもの

 

B.B 読み手として作品を見るのに必要なもの、ねえ。
単純に読み手っつーけども、そりゃ評論する人間ってことか?それとも単なる一読者としてか?
隊長 どっちでもいい。ただ自分が「送り手」ではない、ということが前提。
B.B 作品にのめりこめる感性と、世界観から一歩引いた冷静な視点、この二つを持つことかね。
なきゃならん、というほどのものではないが。
隊長 ならば、俺と一緒だ。じゃあ、今度はこれの発展。
B.B どう発展させる気だ。
隊長 作品を「語る」上で気をつけていること。
B.B 本質を見極める眼力。
隊長 まあ、一言で言えばそうなるわけだが、それを行うためには何が必要だと思う?
俺は、その作品を「楽しむ」ことが大前提だと思うのだが。
「面白い」と思えるファクターが全く見えない作品は、特に語るべきことはないように思う。
B.B 「楽しむ」それはそうだが、では楽しむために一番必要なのは何だね?
隊長 これはね、「何が面白いか」にも通じると思うんだけど、「共感」作用が働くかどうかでしょ?
B.B ふむ。
隊長 ツバサは、元ネタが分からん→意味が分からん→共感できない→つまらない、になるんじゃないかなと思う。
最近の萌え作品に関しても、つまらんという人は、まあアレに「共感」できないんでしょう。
B.B しかしそれはむしろ、受け手というより送り手の方の問題じゃないかという気がするんだが、違うか?
そりゃ受け手の構成要素もあるとは思うが。
隊長 だから、俺がここで言いたかったのは、「共感」出来ないものは、いくら作品を見たと言っても、その本質はえぐりだせないだろう、ということ。
B.B 俺の言う共感とお前の言う共感が違うものなのかもしらんが、共感できないからといって本質がわからない、ということはなかろう。
隊長 ならば、例えば「妹萌え」を考えた時、それが「いい」って思えないというのは、その「良さ」が分からないわけで、それだと対象とするものの本質を探るのは難しいんじゃないの?その「良さ」が分からないんだから。
俺が作品の考察をする時、常に気をつけているのは、そこにいる「現場」(楽しんでいる人)が見ても、堪えうるものにしなければならない、と思っている。
B.B それじゃ話にならんな。いや、別にお前の考えが悪いというわけではなく、スタンスの違いだ。
俺は共感とか本質ってのは、そういう浅い所からは見えないと考える。
多分、お前のいう共感ってのは、趣味嗜好の領域のことを言ってるんだろう。違うか?
隊長 「萌え」に関しては、そうだと思います。
B.B 俺の場合、趣味嗜好とか萌えとかそういうのを超越したもっと深い部分、文学的に言うなら人間の本質というか、そういう根っこの部分で理解して感じたものを「共感」と言う。
隊長 なるほど。しかし、そもそもそういうつもりで書いてない作品の場合、そのやり方じゃあ、その作品の本質が見抜けないんじゃないの?
B.B だからそういう、いわゆる萌え系統の作品か?それにゃ語るべきものはない、と考えてるわけだよ。語るに値しない、と言うか。
そういうものが大手を振ってまかり通ってるから腹が立つんだろうさ。
隊長 そういうのがテーマとしておかれているものはいいとおもうけど、必ずしもそればかりがテーマと置かれているわけではない。だから、肝心なのは「楽しむ」ことだろう、と。楽しめれば、自然とその作品のポイントが見えてくると思う、というのが俺の考え。
B.B 本質を見ることと楽しむってことは必ずしもイコールじゃない、と思うがねぇ。
隊長 腹が立つのは、単に自分の好みが世の中であまり認められてないから?
B.B いや、そういうことじゃない。むしろ俺の好みが世の中の主流になったら、逆にふざけんじゃねえって怒るだろうさ、俺の場合。
隊長 どっちだよ!!(笑)
B.B 静かに楽しみたいからこういう趣味してるんだよ俺は。そこに人が来てガヤガヤやり始めたら、かえって楽しくなくなる。
まあ結局、俺がひねくれ者だってのが一番の理由なんだがね。
隊長 ふむ。
B.B 人が見向きもしない部分をわざわざ掘り下げて考えてみるのが楽しいんだよ。
隊長 ならば、何に怒ってるんだ?一体。
B.B どうしようもないモノが主流派になってしまっているから腹が立つ。
十把一絡げに語るのはどうかとも思うが、俺は萌え作品なんざ嫌いだ。
隊長 まあ、それもアリでしょう。
B.B 副産物として萌えが出てくるんならそれもアリだが、それが主産物となっちゃ、本末転倒だろう。
隊長 しかし、それの良さが「分からない」となると、今後この世界の人間として生きていくには辛い状況が続くだろうな。
B.B だからとりあえず、過去の作品に浸って楽しむしかないわけだ。
しかしそれも、リバイバルブームのおかげでイヤな状況になりつつあるが。
お前ら過去の遺産に頼らなきゃ勝負できんのか、と。
隊長 多分、それに対しては「そうだ」と言われるだろうな。人によるだろうが。
B.B そう言う奴には一言言うてやりたいね。「死ね」と。
温故知新は大事だが、過去に依存して未来が開けるか馬鹿者。
隊長 まあ、そういう中からまた新しいものが出てくるものです。
B.B 出てこねーよ。断言できる。
過去作品のいいとこ取りをした作品が出てきてるか?出てきてねーじゃねーか。
隊長 全く新しいものというのは、かなり厳しい状況にはあると思う。
しかし、「コレは無かった」という部分を作ることはまだ可能だろう。
論文と一緒だ。ほとんどの参考文献と一部の自分の意見っていう……
ちょっと具体的なものが頭に浮かばないが。
B.B 別に斬新なものを出せとは言わん。
ただ、使い古された手しかないなら、それなりに掘り下げて使うことだって出来るだろう。
例えばだ。柔道の技なんてのは、立ち技寝技と全部あわせても100種類もない。
その中で実用的な技となると、10種類あるかないかといったところだ。
それでも突き詰めてきゃ必殺技になるんだよ。明治の頃に作られた、古典とすら言える技がだ。
型の真新しさが問題じゃない。完成度が一番の問題なわけだ。
それに、終着点は同じでも、そこに至るまでのアプローチの仕方の違いだってあろう。
結局アレだ。俺が一番腹が立つのは、古いものの本質を理解しようとせず、表層をなぞっただけでヨシとする傾向が気に食わねーんだ。
隊長 何がそれに当たるだろ?作品としては。
B.B リバイバルブームそのもの。
隊長 なるほど。
B.B 出版社の意図が見えるんだよ。過去の名作出せばとりあえず売れるだろってのが。
決して、伝えなきゃならないことを伝えてるっていうわけじゃない。
そういう姿勢でやってたら、絶対将来痛い目見るぞ。と言うか、現に今がそうか?
昔っからの漫画読みは今の萌え傾向に嫌気が差してて、そいつらを呼び戻すために過去作を復刻させてて。
そういう狙いだけとは思わんが、そういう要素があることは事実だろう。とにかく気に入らねえ。
隊長 そういう要素のみで動いているものは、俺も気に入らん。と、オチがついたところで、次の章へ。

 

第四章 スーパーロボット大戦よ何処へ行く

 

B.B しかし何がやりたいのかつくづくわからんようなったなあ、スパロボも。
ベターマンにビッグオーにマクロス7だっけ?次回作の出演が。
隊長 色々。メガゾーンとか。
B.B 何処の層を狙ってんだろ。
隊長 まあ、悪く言えばネタギレなんだろう。
ただ、「同じロボばっか何度も出すな」というのは、昔から良く言われる批判ではあるので、だから新しいものも出そう、と。
B.B だったら続編作るのやめりゃいいのに。
定番キャラを排除したら、GBAのオリジナルジェネレーションになるわけで。評判よくないぞアレ。
隊長 いや、俺が思うにその辺は難しいところで、スパロボも「大きくなりすぎた」ところがあるんだろう。
B.B まあ、ねえ。
隊長 「同じロボばっか何度も出すな」って、昔のファンからした「それがいいんじゃねぇか」ってことで、とても信じられないような批判なわけじゃない。
B.B しかしそういう批判が出てくることすら予想できてしまうということは、もう作品としては終わりに近いってことだな。
隊長 でも、そういう層も無視出来ないほど確実に存在するわけで、大きくなりすぎて「あっちをたてれば、こっちがたたず……」ってところに来ているんじゃないかなって思う。
今の少年誌と一緒で、「萌えを立てれば、オールドファンが立たず……」って感じで。
B.B スパロボの場合はまだ新作の結果が出てないから何とも言えんわけだが、とはいえそろそろ考えにゃならん時期なのは確かだな。
隊長 まあ、そうだろう。そういう意味では、SEEDは極めて今後のスパロボに影響は強くでるだろう。
B.B そりゃ身も蓋もない言い方すりゃガンダムだからな。無視するわけにゃいくまい。
隊長 ちょっとスパロボから離れる話題かもしれないが、俺は「ガンダムとは何か」と言われれば「リアルロボットの総称」と考える。
それくらいガンダムがリアルロボットでやれることを、ことごとくやってきた感がある。
B.B では問う。「リアルロボット」とは何ぞ?
隊長 リアルロボットとは、ガンダムに代表されるデザインをした、スーパー系の「泥臭さ」が無い作品。
いや、SEEDを見て俺が思ったのは、みんな必ずしもリアルロボットが見たくないわけではないということなんだよ。
ただ、富野さんやその関連を受けて作られたような「SF的世界観重視」のリアルロボットが、必ずしも見たいわけでもない。
しかしガンダムのコアなファンはそれこそがガンダムだと思ってるフシがある。
SEEDは、そこをうまく打ち破ってくれたなってところを俺は高く評価している。
で、話を戻すと。
B.B 戻すと。
隊長 リアルロボットで「成功」するためには、ガンダムの中でやらざるをえない状況がが今ある。
しかし、「SF重視的束縛」があったため、リアルロボットがあまり出てこなかったんじゃないのか。
シードは、そうではない、新しいリアルロボットを進めるまさに「種」じゃないかなって。
スパロボってガンダム以外、リアルロボットでロクなのがいねー、って思ったところからの考えです。
B.B SEEDは全く見てないので俺は何とも言えぬ。
と言うか、いわゆるリアル系統で当たったのはガンダムだけだからな。仕方ない部分はある。
隊長 マクロス7にしてもベターマンにしても、リアルロボットとしては、変化球すぎる。
B.B 変化球というか魔球に近いぞ。下手すると反則になりかねんぐらいの。
隊長 ベターマンありなら、テッカマンの方が適当だと俺は思うんだけどなあ……
B.B ブレードを出すとストーリーの根幹に関わってきそうだからな、迂闊には出来まい。
隊長 マクロス7よりもギャラクシーエンジェルの方がまだ戦えるような気が……世界観に合わんが。
B.B しかしナデシコが出たぐらいだ、可能性がないとは言えぬ。
隊長 ガオガイガーが出たから、勇者シリーズで来るかもね。
B.B そこは何とも言えんな。ブライガーみたいに完全にゲスト扱いなのかもしれんし。
と言うかお前、テッカマンブレード全巻借りてこい。そして見ろ。泣け。
隊長 どこにある?
B.B フタバ図書にある。少なくとも俺の行き着けのところにはある。
隊長 なるほど。全何巻?
B.B 12巻だったか。
隊長 +αは?
B.B OVAのブレードIIが、全6巻。ただし見るんならIIから見た方がいい。
I見た後でII見ると、スーパーサイヤ人になれるぐらい腹立つぞ。
隊長 なるほど。
B.B 出来そのものはまあまあなんだが、前作のイメージを悪い方向にブチ壊してくれてるからな。
隊長 しかし実際、テッカマンはアリかもね。スパロボ的に。
B.B 悪くはないかもしれんが、本当に扱いが難しいところだ。
核ミサイルの直撃受けてもノーダメージなユニットなんか入れられるか?
隊長 いや、今やタツノコと言えば小麦なんでな。その辺のギャップを改めて楽しみたい。
小麦はいいものだ。奴ら本気だぜっ!
B.B よう知らんのだが、どういう作品なんだ?
隊長 小麦という魔法少女が戦う話。OVAなのでまだ2話までしかない。
人気があったから(?)九月に3話が出ることになった。
B.B いやその程度の外形的な事は知ってるんだよ。もっと突っ込んだ所はどーなのかな、と。
隊長 1話が、秋葉原でモナーと戦う。2話はコミケで、ビッグサイトが変形したロボと戦う。
B.B ……なんつーか、不意打ちでカエル跳びパンチ食らった気分だな。
隊長 とにかく恐ろしい作品なんだ。あれは。あれ見たとき、「これがタツノコかっ!?」って震えが来たものだ。
ビッグサイトロボに乗り込むときは「テックセッター」って言うし。
B.B ハジけてんなあ。
隊長 タツノコって古い会社だから、頭の固い人達が多いのかなって思っていたけど、こういうことも出来るんだなって、感心したよ。「あそこ生き残るな」と。
B.B でもタツノコファイトはクソだった。悪いのはタツノコでなくタカラだが。
隊長 あの影響もあって「あそこも古い作品のオールスターゲーム出すし、もうだめかな」って思ってた矢先だったのでな。
B.B で、毎度といえば毎度のことだが、また話が脱線しておるな。
隊長 まあ題自体が「スパロボについて」っていう、何を話せばよいやらっていうテーマだだしな。
B.B α外伝最高!αまでマジンカイザーに兜甲児乗せるのに否定的だったが、コレのおかげで考えが180度変わったヨ。
「マジンカイザー……お前は土の中で、俺が来るのを待っていてくれたのか……」って、燃えねえ方がどうかしてる。
隊長 突然どうした。
B.B いや、ふと思い出したんだよ。ちなみに俺は現在、α二周目プレイ中。スーパー系男。もうちょいで龍虎王が手に入る。
隊長 そうか。マジンカイザーは強いねえ。
B.B αについてのみいえば、改造版マジンガーの方が強いんだけどな。
隊長 もう忘れた。
B.B ちなみに、カイザーに剣鉄也を乗せるのはアリか?
隊長 俺は乗せない。
B.B 俺は乗せる。ただし外伝限定だが。
隊長 理由は?
B.B いや、ストーリーがアレだし。甲児もいいが、鉄也も贔屓にしてやらにゃあ?
それにセリフだって燃えるべ。「命を燃やす時が来た!」って、マニアならメチャ燃えですがな。
隊長 そういえば外伝は、主役キャラがいなかったな。
B.B 主役出したらバランス崩れかねんからな。
隊長 今のところαシリーズは、3作とも俺は楽しめたね。
B.B しかし第二次α、リアル系のことは知らんが、スーパー系主人公の声どーにかしろよ。
隊長 俺に言うなよ。
B.B では誰に言えと言うのだ。
隊長 心で思っておけ。
B.B ストレスが溜まってよくないのだ。
隊長 それはともかく、今回は主役の声が結構ショボく感じたね。特にスーパー系は。
B.B ゼンガーは、あまり気合入れない方がよかったんじゃなかろうか。
むしろ石丸博也みたいな投げっぱなしの声の方が。クスハとブリットは論外だが。
隊長 とりあえず、早くお前もPS2を買え。
B.B 買ってまでやりたいソフトがないんだよねぇ。第二次αと、あとはDVD見れるっていう程度で。
PSの方には欲しいのが山ほどあるんだが。
隊長 じゃあその話を次にするか。

 

第五章 最近やりたいゲーム

 

隊長 で、言ってみろ。3つ言ってみろ。
B.B 山ほどあるやりたいゲームから三つ選べと。
隊長 そうだ。発売決定しているものも含む、で。
B.B うむ。現時点なら……エドワードランディ、1943、トリオザパンチ。
三つだけ選べといわれたらコレだ。
隊長 いや、買えるものの範囲でだ。
B.B 買えるもので、か。それなら……
カプコンジェネレーション第1集、ナムコミュージアムアンコール。是が非でもと言えるのは二つだけだな。
隊長 買えよ。それは買えるだろ。いくら金欠でも。
B.B 売ってねーものをどう買えってんだ。
隊長 そうなんか。田舎は辛いな……
B.B 行き着けの場所にはなかなかないのよ。
ここ最近、奇跡的に俺の欲しいのが見つかってたんだが、そうそう長いこと幸運は続かんもんだ。
隊長 戦場の狼とか?
B.B 戦場の狼とか源平討魔伝とか。アレ手に入った時、マジで感激したぞ。しかも捨て値同然だったからな。
隊長 なるほど。
B.B しかし、お前はいわゆるレゲーには興味ないのか?
隊長 どこからをレゲーと呼ぶかによるが、やってるよ、古いのだったら。FF5とか。あとエリア88。スラムダンク2&3。
B.B そらお前が昔やってたものだろーに。
そういう個々の作品でなくて、とりあえず、過去の作品群についてだ。大まかに言うて94年以前の作品。
隊長 94という数字には何か意味があるの?
B.B 大体94年が転機なんだよ、ゲームの歴史を見るに。PSが出たり、KOFが出たり、win95が出たり。
隊長 だったら「レゲーだからやる」という意識でやってはないね。
それこそクニオくんの大運動会とか、マッスルタッグマッチとかたまにやるけど、そういう動機ではやってない。
B.B 過去に遊んだ作品は懐かしいからやるが、それ以外に積極的に手を出しはしない、と。
隊長 そうだね。第一、過去を振り返っていては、今の発売のペースに間に合わん。(笑)
B.B 俺は最近のはもう捨てた。というか追っかけてたら金が持たん。
過去作は繰り返し楽しめる上に安いからな。ひねくれ者ってのはこういう時には便利だ。
隊長 確かに安くは無いけど、「大人の趣味」としては高い部類でもないと思うけどね、俺は。
B.B そりゃラジコンとかオートモービルに比べりゃなあ。
隊長 あと友達で車が趣味な奴がいるが、保険なしで事故ってな……親に百万単位の借金してると言ってた奴もいた。
あれはいいネタだった。
B.B そりゃ大変だ。
車が趣味といえば、お前も知ってる厚木のラーメン屋の従兄も車が趣味なんだが、車に一千万ぐらいかけてたらしいぞ。
車さえ我慢すりゃもっと早く店開けたのにとよく言うてる。
隊長 さすがだな。
B.B 車のよさは俺にはわからんな。便利だが、便利以上のものは見出せん。
隊長 まあ人間、効率性だけで生きてないということだろう。
B.B 人それぞれってことだ。上手くまとまったところで次の話題に?
隊長 そうだな。

 

第六章 マニア男が二人で会話――エロゲでしょう

 

隊長 一応HPにエロゲネタを載せる場合、18禁制限をしないとならなかったような気がするんだが……
B.B 別にそんなことする必要もなかろう。実際それで懲罰食らったって聞いたことないぞ。
まあ心配なら、18禁トークとでも注釈入れとけ。
隊長 うむ。
B.B で、最近エロゲやっとるのかお主。
隊長 エスカレイヤーが最後。
B.B 半端に古いな。
隊長 ああ、モエかんやったんだった。
B.B 面白いのかモエかんは。名前しか知らんのだが。
隊長 製作者のゲリラ魂を感じるね。
B.B 何だそれは。
隊長 いや、同人的だなって。
B.B 何でもアリっぽい感じか。
隊長 というか別にエロなしでも成立するんだよ。萌えだけあって。
B.B 具体的にゃどんな感じなのだ?
隊長 とりあえずPS2に移植される。
B.B ……PS2がどんどん土星化してるな。
隊長 X-BOXでも、DCでもなく、PS2ってところは、なかなか笑える。
B.B 流行だからな、そっちへの移植は。
隊長 最近の「萌え属性」を巧みに扱ってるし、萌える。萌える。モエー。
B.B 強調せんでも。
隊長 とにかく萌えるんだ。
B.B 俺はそっち系統のエロゲは全然やらんなあ。
隊長 逆にエスカレイヤーはエロ無しでは成立できない仕様になっている。あれは、エロい。エロー。
B.B アリスだからな。エロくなきゃなるまい。逆に鍵ゲーがエロかったらオドロキだが。
隊長 エロに集中してしまうと、どうしても萌えとしての要素が薄まるような気がするので、Keyはあれはあれでいい。
B.B エロいからこそ萌えるってのはないのか。
隊長 そこは微妙。萌えは、複数定義があるから完全に言えないんだよ。
今の言葉で言うと、エロは「ハァハァ」だ、とする人が多い。「萌え」ではなくて。
B.B ……難しいな。
隊長 俺は、萌えは「キャラ愛」だと思っている。
だから「愛」を一つの定義に定めるのが難しいように、「萌え」も定めるのが難しいと。
B.B 人それぞれってことか、結局。
隊長 うむ。だから俺が感じるのは、「こういうものを入れときゃ売れるだろ」的な作品は、「萌え」全盛期といえどもつまらない。
逆に自分の中で「萌え」をきちんと持っている人の作品は、何だかんだ言ってやはり面白い。
B.B これは個人的な意見なんだが、「萌え」と「燃え」には通ずるものがあると思うんだが、どーよ?
隊長 わからん。
B.B ……話題を変えよう。現時点でのお主のオススメのエロゲは何だ。
隊長 なんだったっけ、ちょっと待ってくれ。タイトルを忘れた。
B.B どんなゲームだ?
隊長 アリスのオールスターゲーム。
B.B 20世紀アリスか?
隊長 いや「ままにょにょ」だー。
B.B オールスターってのは、本当にオールスターなわけか。
隊長 ああ。
B.B 調べてみたら実際そのようだ。
隊長 いや、友達の家にあったんだが、あれは面白い。手軽に出来るし。俺はエロゲに関しては、今も昔もアリスが好き。
B.B アリス以外にオススメなのはないのか?
隊長 言うほどやってないので。
B.B しかしアリス好きと言うても、リクルスはまだ未プレイか?
隊長 ああ。あれは絵柄が好きじゃなかったので、やる気が萎えた。
B.B まあ止めといた方がよかろうな。
あれがオンリーユー初体験ならいざ知らず、「世紀末のジュリエット達」を知ってる人間はやったらいかん。ガックリくるから。
隊長 そうか。
B.B ストーリーがあまり変わり映えせんのだ。タイガージョーの正体も結局最後に伏線抜きでいきなり明らかになるし。
前作でココをどうにかしてほしいっていう点を変えず、逆にどうでもいい所を変えてしもうたという感じ。
隊長 何も匂わせないっていうのは、痛いな。
B.B というか、本当に許せないのはアレだ。前作でいうところのシモーヌにあたるキャラ。
隊長 レインがどうかしたか。
B.B それのかわりに今回は、格闘部顧問の女教師が出てるわけなんだが、兄貴とくっついてるって設定なんだよ。デフォルトで。
それがクライマックスに至って、何の脈絡もなくタイガージョーとくっついてやんの。本当にいきなり。
隊長 それって、PS2もPCも一緒なんだろうか。
B.B PS2?
隊長 PS2でも移植されてたでしょ。
B.B 知らん。知らんが、多分そうなんだろう。それと、もう一つ許せない所がある。
隊長 なに?
B.B 烏丸との最終決戦。
前作は必殺技の応酬の果てに、最後の最後に究極奥義という展開だったが、今回のは普通に戦闘して、追い詰められたら普通に必殺技出すのと同じ要領で奥義出して、それで終わり。
あの熱いラストバトルなくして、何がオンリーユーか。
隊長 ぬう、何でそうしたのか、理由が知りたいところだ。
B.B あのやり取りが熱かったんだがねえ。「天破雷神槍!」「まさかこの技をここまで磨き上げるとはな!だがもはやそれも通用せん!」
あー、あともう一つ。必殺技のエフェクトも悪くなってる。
隊長 それは見てみないと分からんところだな。
B.B 必殺技が一文字一文字、カーン!っていう痛快な効果音とともに出てきてたのが前回だが、文字の出てき方がおかしいんだよ。
ぐるぐる回ってたり、ただ光ってズームするだけだったり。明らかに燃えねえ演出。
隊長 とにかく、あれは確か一回予約したんだけど、何かを買うためにやめた記憶があるのだが、まあその選択は無難だったかな。
B.B だな。結果的にその選択は正しかった。世紀末のジュリエット達を知らなければ、それなりに楽しめたのかもしらんがなぁ。
隊長 あれはいいものだ。

 

第七章 自分のサイトについて

 

隊長 まず聞きたい。
B.B ふむ。
隊長 俺のサイトには「自己紹介」が無かったので、入れようと思うのだが、どういう項目を入れたらいいんだろうか。
うちのサイトの場合、適当な100の質問とかあるの?
B.B 趣味嗜好を詳しく書いておけ。とりあえず、俺の自己紹介を見習ってみるとか。
100の質問は、何が適当なのかすらわかるまいお前の場合。
隊長 意味の無いサイトだからな。身内的な部分で、今後もコンテンツを充実させて生きたい。
B.B 身内的言うても、どう充実させるんだ?
隊長 まずは新コンテンツ「ネタ速」だな。これほど局地的に特化したニュースもあるまい。
B.B 言うたら何だがアレ、どうでもいい話題がほとんどなんだが。
ネットに繋げないってのはともかく、PDA買えなかったからどうした、と。
隊長 それはそうだろう。そういうものだ。「ふーん」っていう内容のものを中心に選んでいきたい。
B.B 内輪でやるのは構わんが、それならもうちょっとネタの取捨選択をしてほしいもんだが。
隊長 それはこっちのセンスで趣旨や選択はやっているので、それを指摘されてもどうにもならん。
B.B それならいっそ、俺みたいに内輪ネタですらない感じでやってみたらどうだ。突き詰めてやってみたら結構楽しくなるもんだぞ。
隊長 基本的に趣味でやってるんで、好きにやらせてもらいます。
B.B そーいやお前、日記の過去ログはないのか?
隊長 あるのもあれば、ないのもある。
B.B サイトにログ乗っけたらどーよ。特にコラム系のヤツ。
隊長 一応「日記」なんでな。書きなぐっているだけなんで、残すものでもないな……っていうのが、俺の考えなんだが。
B.B しかし日記系サイトで日記の過去ログがなかったら、存在意義すら危うい気がするんだが。
隊長 まあ、それこそ身内サイトなんで。お前のところはだいたい何ヒットくらいしとるん?
B.B 日にユニークアクセスが20前後か。うち半数が常連と見ているが。
隊長 なるほど。最近は客集めはやってるの?リンクに追加するとか。
B.B 全然。というか、リンク集に追加っつっても相互リンク張ってたわけじゃないからな。客集めになってなかったってのが実状だ。
まあ俺が客集めようとしても、出来ることは多寡が知れてるからな。そんなのやらずに好き勝手やってた方が楽なのだ。
隊長 まあな。
B.B しかし、ごく稀にウチにリンクしてくるヤツがいるから侮れぬ。何処から嗅ぎつけてきやがるんだホント。
隊長 ネットは誰が見てるかホントに分からんからね。
俺のところも、知らない人から2人ほどメールが来た。感想の。
B.B そりゃ、また。どーいう内容だったんだ?
隊長 掲示板に書かずにメールで来たということは、公開したくないからということだろうから、内容は書かないが、日記についての質問状だった。
一回、ドラマ重視とキャラ重視の作品についてやった時。
B.B ふむ。
隊長 その時に関連する話として。いろいろと。
B.B 返信したのか?
隊長 したよ。ウチ一人とは、3往復ほどやりとりがあった。その後は何も無いけど。
B.B まあそんなもんだろうな。しかし、変なメールでなくてよかったではないか。うむ。
隊長 で、分析するに、多分お前のところから来てるんだよ。
B.B 何故に俺の所から。
隊長 そこ以外、来ようが無い。いや、リードミーで来て、そこからリンク辿ってる途中に。
B.B そりゃ可能性としてないとは言わんが、そうだとすりゃ相当な確率でぶつかったもんだな。
隊長 お前のところは恐らく、常連のヒットの他に流動的に来ている層が確実に存在する。
B.B だな。他サイトからのリンクが毎日結構あるからな。大抵は相互リンク先だが。
隊長 そこからの、るろうにが一部こっちに来ていると見た。
隊長 一日に10いくかいかないかのサイトだから、見たらすぐに去っている可能性もあるが。
B.B 言うたら何だが変わり者がいたもんだな。まあ、俺のサイトに来てる時点で変わり者ではあるが。
隊長 まあ、お互い、自分のペースでやっていきましよう。ただし、怒られないように気をつけてな。お前の場合。
B.B 怒られたら頭下げて取り外しすりゃいいだけだ。俺が捕まるんなら、もっと色々捕まってるはずですがな。

 

第八章 色々話してたら結果的にこんな感じになりました

 

隊長 腹痛で誌にかけた
B.B 正露丸でも飲んどれ。
隊長 長くはもたんかもしれん
B.B とりあえず変換をちゃんとしてさえくれりゃええ。(編集が楽だから)
隊長 うむ
B.B で、だ。お題はどーするね。
隊長 何かピンポイントにやりたいな
B.B 具体的に共通の話題となるネタがあるか?
俺はガンダムSEEDなどわからんし、お前に木枯し紋次郎言うてもわかるまい。
隊長 まあ、どっちも極端な例だがな。
B.B 地域ネタは俺ら以外には全く通じんだろうし。
隊長 うーむ。
B.B ここ数年のエロゲで、俺達が共通してやったものはあるんだろうか?
隊長 ないっ。
B.B せいぜいがYU-NOか。あまり関係ないが、YU-NOのビジュアルブックを買ったぞ、古本屋で。
隊長 そうか。まだあったか。
B.B 設定がヤバいためにWINDOWSに移植できないという、いわくつきの作品。
WINのエロゲで、お前オススメのモノはないか?モエかんとエスカレイヤー以外で。ままにょにょも除く。
隊長 特に無い。ほとんどやってないからな。
B.B エロゲ漬けの生活送ってると思ってたんだがなあ。
隊長 オススメではないが、最近のエロゲで驚いたのは、「はじるす」かな。
B.B 無茶なことするもんだよあのゲームも。
スカッとエロ楽しむにゃ最高の作品らしいけどな。ロリ属性ないと遊べんだろうが。
隊長 いや、あれは「スカッとエロを楽しむ」ものじゃあないような気がするが。まさに萌えゲーだなって思った。
B.B chaなんか、案外このゲームやりこんでたりしてな。
隊長 いや、彼は最初の数日で耐えられずに辞めてた。俺はクリアしたが。
B.B ロリコン道を極めるのはまだまだ遠いのう、ヤツも。というかクリアしたんかいお前わ。
隊長 基本的に連打してたらクリアできるからね。スイスイ進むよ。「声聞けよ」って言われるけどね。
あと、ロリをロリで一くくりにしたらダメだ。あの中にさらに色んな人種がある。
B.B ほーう。具体的にはどう分けられるんだ?
隊長 いや、6才と12才と18才じゃあ、同じロリと言っても好みが違うでしょ、という話です。
B.B というか、一般的なロリの定義って何?外見の問題か?
隊長 知らん。
B.B 知らん言われても。
隊長 前に、実年齢の半分未満の年齢の人に好意を持つとロリと聞いたこともあるが、信用ならんな。
B.B 20代の男についてならそれも当てはまるやもしれんが。
隊長 確か小説が基でしょ?
B.B 小説?
隊長 ロリータ【Lolita】小説。ナボコフ作。1955年刊。中年詩人の異常な少女愛を描く。ロリータコンプレックスの語を生んだ。(gooより)
つまり明確な定義が無いまま、「ああいうものをロリというんだ」的に出来た言葉だから、「なんとなく」でいいんじゃないの?「ギャルゲー」みたいなもんだ。
B.B ふむ、なるほど。「少女」がどのくらいの歳なのか気になるところだが。
隊長 まあ、そういうことです。
B.B しかし、「ロリコン」と言うのと「ロリータコンプレックス」と言うのとでは、随分印象が違うよな。
隊長 そう?
B.B 後者は妙に鬱屈した感じがするんだが。
隊長 あまり意識しない。「ファイナルファンタジー」を「エフエフ」と言うか、「ファイファン」と言うかの違いくらいだ。
B.B ところでロリといえばあれだ。
「美味しんぼ」がどんどん食い物と関係ない話になってくのはどうにかならんのか。
隊長 そんなのは雁屋に聞け!ネタがあれば、食べ物の話もまだ出来るだろう。
B.B いや、食い物と関係ない話を無理矢理食い物と絡めようとしてるから問題なわけで。
隊長 だいたいロリと何の関係があるのか。
B.B 一応双子の妹の方がロリと呼べなくもなかろう。
隊長 なるほどっ!
B.B いや、そこは何でやねんとツッコミ入れる所じゃないのか。
隊長 ボケ殺しなので。
B.B 殺し方がヘタだなオイ。俺は人は殺す、その怨念は殺さない言うてるみたいだぞ。
隊長 そんなところでツッコミを入れんでもええ。
B.B ツッコミにすらなってない気がするんだが今のは。
隊長 とりあえず、今はただのロリブームというよりも、いいとこどりの合体型「童顔巨乳」ブームかな。
もの凄いテキトーなことを言ってるが。
B.B 童顔巨乳は随分昔っからいると思うが。まあそれを言うなら、単純ロリも昔っからあるものではある。
しかしさすがに中間体型というのはウケんのだなあ。
隊長 まあ中途半端だしな。
B.B しかし児ポ法反対とか何とか色々と騒がしいが、どうなるんだろねえ。
隊長 まあ、とりあえず、今の状況を見れば分かるように「オタで流行ったものが、後に一般で流行る」という流れがあるので、オタ的には、ロリも、いい加減飽きてきたかもしれないけど、一般的はこれからが「本番」じゃないかなって思ったりする。
B.B オタで流行ったものが一般で?ようわからんが、例えばどんな?
隊長 今の少年誌を見て、それを感じないとでも言うのか。
主にマガジンとジャンプ。一番売れてるものと、その次のものだ。
B.B それはジャンプとマガジンを読む層が総じてオタク化してきただけでは。
隊長 いや、オタだけでは、あんなに売れない。
あれを全部オタだとしたら、今、この媒体はほとんどがオタで埋め尽くされていることになるよ。
B.B オタク一歩前の女子供もいっぱいおるだろう。
隊長 それはありえないでしょ?
B.B それが有り得るのが今の漫画界だと思うんだが。
隊長 だから、ジャンプやマガジン程度のレベルで、オタだなんて今や言えない。
あれはすでに「一般」と見るべき。オタレベルは電撃大王クラスで楽しめないとダメだ。
B.B 視点の違いだなそれは。今のジャンプやマガジンこそ、ヲタク媒体の最たるものと思うがね、俺は。
隊長 もちろん、営業力の差があるが、電撃大王じゃあ、数百万部も売れない。
B.B そりゃ、ジャンプとマガジンは女を相手に、電撃大王は男を相手にしてる。そういうことだろ。
漫画に入れ込んだ女は怖いぞ、色んな意味で。
隊長 そういう部分もあるが、女性読者は半数もいないよ。そこら辺の数の現実認識は分かってないと……
半分もいないものを女性に売ってるとは言わないでしょ?
隊長 むしろ手持ちのデータでは、一番女性読者が多いのはサンデーだ。
B.B 数じゃあない、質だ。それでも不服なら「女子供」と言いかえりゃいい。
隊長 ちょっと話を続けさせてもらうと、この媒体の大部分は男性ファンで構成されている。女性は少ない。
さらに、オタの女性となるとさらに少ない。それこそ男性以上に。クラスになると何パーセント位かな……まあそんなものだ。
それだけに売っているものが、何百万部も売れるわけ無いでしょ。簡単な計算です。オタ向けに数十万部売ってるのならわかるけど。
ちょっとジャンプとマガジンの買ってる層の数を勘違いしている人があまりにも多いので言いたかった。
B.B 層の数の違い?
隊長 いや、数。 「最近のジャンプは、女性しか買ってない」とか良く見かけるのでな。
そういう傾向があるということで言うのはいいけど、本気で言ってるとしたら、それは違うよ、と。
B.B というと、それを否定するなら明確な根拠があるのか?
隊長 一つは、さっき言ったように、元々の母体が少ないオタ女だけで、全国でトップクラスの発行部数(しかもずば抜けて)は出ないだろう、という、一般的な現実認識として有り得ないという点。 もう一点は……ちょっと出てこないが、コレだったか。ここの「読者構成データ」を見る。
B.B 元々の母体が少ない、っていうのは何を根拠に?
で、このデータはどういう層にどういうアンケートの仕方をしたんだ?
隊長 いや、以前俺が見たデータと違うのだが、似たような内容なので、一応載せた。
母体の話は、そりゃ生きてたら分かるでしょ。アンケート方法はどっかに書いてあるだろ。
B.B 見当たらぬ。
隊長 まあ色々見てくれ。
B.B アテにならねえサイトだなコレも。データソースを示さないってのは胡散臭くて仕方ねえ。
自社調べなら自社調べとでも書いときゃいいのに。
隊長 とりあえず、女性のみに売っているという見方をしてると、多分どっかでコケる。
さっき女子供と言ったが、それなら分かる。
B.B じゃあこれからは、女子供と言い換えるとしよう。
しかし変わったもんだね。子供相手の商売が女子供相手の商売になっちまってやんの。
隊長 少子化だしね。それは仕方が無い。
俺は生きてないから当時の空気を知らんが、逆に実際の話、昔はあの作風で、本当に子供だけに売ってたの?と聞きたくなるがな、実際。
B.B 昔、漫画は害悪扱いされてたからな。少なくとも80年代までは。
害悪だから大人から見向きもされなくて、だから好き勝手できてたわけだろ、当時は。
いっそ、もう一度漫画を焚書にしてしまえと思うことがあるよ、最近。
隊長 まあリセットは効かないでしょう。
B.B しかし今から10年ぐらい経ってだ、当時子供だった連中が大人になって、当時を振り返った時、心に何か残ってるモノがあるんだろうか?
隊長 それはあると思う。十年上の先輩は、ドラゴンボールに対して同じことを言っていた。
B.B どういう具合に?
隊長 いや、俺らの世代は、みんなDBを褒めているが、実際、俺らの仲間内では、そんなでも当時無かったよ、って。
B.B ふむ?当時は見向きもしてなかったってことか?
隊長 そこまで「熱い思い」は無かったって。
B.B 結局、漫画ってのは昔っからそういうモノだってことか?
隊長 映画の世界でもさ、白黒からカラーになる時、すごい抵抗があって、「こんなのダメだ」的ものがあったみたい。
で、今は、「デジタル」だの「CG」だののせいで、なんか軽くなったとか言われてるでしょ?
そういうものかなって思うよ。
B.B でも今言われてるのは、そういう手法の問題でもない気がするけどなぁ。
もっと深い部分が腐ってきてんじゃないか、と。
隊長 その気持ちは分かるが、それはあまりにも周りのデータのせいで、一ファクターのみが過剰に肥大化してしまったせいだと思われる。
B.B どういう意味だそりゃ?
隊長 千と千尋だって、オタ共は、みんな二言目には「宮崎はロリ」って言うでしょ?
しかしねあれに来た人間が全員「ロリ」というファクターを見て、それで「面白い」と言ってるようには思えない。
最近は、ネットで色々な作品の要素の拾い上げが見られるけど、そのほとんどはオタの視点だからな。
みんながその要素をその作品から抽出して楽しんでいるだけではないと思う。
おじゃ魔女を「ロリ」と捉えず見ている人も多いってことだ。
B.B よくわからんが、要領は木を見て森を見ずってことか?
隊長 いや、作品の中には色んな「面白い」という要素がある。
しかしネット上では、それこそ心配になるような要素ばかりが強調されるので、それ「だけ」を見て、みんなが楽しんでいるんじゃないかと、思わず思うってことだ。
でも、実際はそうではなかろう、と。
B.B 言いたいことがよくわからんので、もう一度整理してわかりやすく説明してくれ。
隊長 ……上記の部分はカットということで、話を数行戻そう。
B.B 戻してくれ。
隊長 作品の中には色んな「面白い」という要素がある。
その「面白さ」の部分がちょっとオカシイだろって思ってるってことでしょ?お前が言いたいのは。
B.B そういう事だな。
隊長 今は少年誌の話なので、それだけに限定して話すと、必ずしも子供達は、俺らがその作品で「面白い」と思っている要素でもって、楽しんでいるとは言いがたいということ。
同人誌だって、ネットだって、どう考えても、そのほとんどは大人だろ。
B.B 子供にゃ子供なりの楽しみ方があるってことか?
隊長 そう思います。俺らの目が腐ったためにそう見えるだけ、と考えている。
オタは、基本的にはもう大人なので、それは「自己責任」でやればいいと思うし。多分、問題はないんじゃないかな。
ロリとか萌えとか、子供が言ってるとは思えないし。
B.B 子供独特の楽しみ方があるってのはわからんでもないが、子供にしかわからん楽しみだけってわけでもないわけでな。
的外れな事言うてるつもりはないが。
隊長 そういう要素を抽出しているのは、大人がやっているわけで……俺らがあまりにも勝手に作りすぎてる部分があると思う。
赤松作品だって、ラブひなで言うと、「恋」の要素で、色々考えながら楽しんでいる人も多いと思うよ。
B.B そんなものがあったのかあの作品に。
隊長 あるでしょ。正確な台詞ではないが、最後で「色々エロいこととかされたり、嫌なこともあったりするけど、それでも好きー」とか。
B.B その程度で恋愛言われてもな。
俺が気に入らない点の一つもそこなんだよ。子供だましにしかなってないものが多いんだよ、最近の少年漫画の描写ってのは。
隊長 つーか子供でしょ?
B.B 描いてる人間がか?
隊長 前に言ったが、大人の恋愛を中心に語ったところで、共感が得られるとは思えない。
知らないことに共感は得られないものです。「気づかせてくれたら」出来るが、知らないと無理。
俺なんかは「少年誌」なんだし、そういうことでいいんじゃないの、と思ったりする。
B.B 恋愛モノについてのみ言えば、大人の恋愛を少年誌で描けと言いたいわけじゃない。
ただ、大人にも通じる世界観を、子供にわかりやすく噛み砕いて説明するという努力を廃して、それこそ子供だましに終始してる状況が気に入らないんだ俺は。子供をナメんな。
隊長 そうは言っても、その通りアイデアを具現化できたとして、それが売れるかね?
今言ったような過程をみな通るわけで(夢みたいな恋愛とか)、そういうところを描き出すことはナメてるということにはならないと思う。
実際ナメてると思えるものもあるがね。全部がそうじゃない。
B.B ほとんどがそうだろう。
ほとんどが、十把一絡げに「子供だまし」ってカテゴリーでくくれるようなもの。全部とは言わないが。
こういうのを絶滅させいとは言わんよ。昔っからそういう作品はあったし、ちょっと本道から外れた脇道で細々とでもやっててもらわないと、寂しくてしょうがない。
だがお前らは表舞台に出てくるな。
隊長 あと、一作品の中に「ネタ」の回もあれば、テーマっぽいことを言う回もある。
「ネタ」の回見て、その後、全部そういうつもりで見ちゃうと、そういう部分があっても、そういう風にしか見れないんじゃないかなって思ったりもする。
B.B 一部分だけ抜き出してベラベラ語るヤツは論外だ。
しかしとは言え、そういうネタというか、遊びの部分から本質が見えることだってあるけどな。
隊長 うむ。
B.B 結局、今の漫画の状況について語ろうとしたら、どうしても悲観的になっちまうわ。
隊長 まぁ、多くの人がそう思ってる。
B.B 5年前に終わったばかりの作品を復刻させて大々的に売り出しているような状況見せられたら、漫画なんざ消えてしまえって言いたくもなる。
隊長 微妙に台詞が富野臭いな。「消えてしまえー」とか。
B.B 別に富野に限らんだろそれは。というか何でもかんでもそっち方面に絡めようとするんじゃあない。
隊長 富野さんは前に、「子供に見せるものは、大人が見ても耐えうるものにしなければならない」みたいなことを言ってたが、それに通じるものを感じるしな。
B.B そりゃそうだろう。金メッキは何年も持ちゃしねえからな。
隊長 あの人の凄いところは、それをやったら普通は面白くなくなると俺は思うんだけど、面白くそれを作るところにある。
B.B 富野節というヤツだな。
隊長 ただ、そういう大作はね……後腐れが残るので、俺が作家だったら作りたくないけどね……。
B.B 後腐れ?
隊長 シリーズ化とかされて、本来の作品とは別のものとして捉えられ、勝手に一人歩きされるとか、所謂「養殖作家」に徹底的に分析されて、別の固体にされてしまったり。
特異能力者がどっかの研究所で遺伝子レベルで分解されて、実験の挙句に別の生命体となる如く……(もしくはクローン化)
B.B いじられるのがイヤなら作らなきゃいい、としか言えんけどな。
しかし富野もガンダムが嫌いって公言しとるが、何処まで本気なのかね。
隊長 彼の言葉は文面通りに受け取ってはならないみたいなんで。
B.B そんなんシロートさんにはわかりませんがな。
しかし一度、富野にある制約をつけて作品を作らせてみたいもんだな。「クライマックスで味方を殺すな」とか。
隊長 あの人はあれしか作れないとか前言っていた気がしたが……
B.B ファーストガンダムのラストあたりではあまり主要キャラ死んでなかったと思うが、気のせいか?
隊長 どこまでを主要と呼ぶか分からんが……
そもそも主要とかそうじゃないとかの考えで作っているのかがガンオタじゃないし、そこまで知らない。
雰囲気的に「使い捨てキャラ」的な考えで動いてない人じゃないかな。
B.B 「使い捨てキャラ」的な考え?
隊長 「計画された出来事」の如く、どう言えばいいんだろ……予定調和的にキャラを動かしてないんじゃないかなって。
B.B 穿った言い方すりゃ、行き当たりばったりでやってるってことか?
隊長 悪く言えばそうなるが、いい意味で使ってる。
B.B しかしやってることが結局同じように見えてしまうんじゃ、それも台無しだと思うんだが。
隊長 やっぱ普通に見てたら、おんなじこと延々と繰り返しているように見えるよなー。
B.B さっきも言うたように、主要キャラが必ず最後に死んでる。
何をもって主要と言うかはともかく、とりあえずちょっと目立った味方は大体死ぬ。
ザンボット3:一人を残して全滅
ダンバイン:チャム以外全滅
ゼータ:モビルスーツ乗りはほとんど死亡
Vガンダム:リーンホース特攻&オデロ
その気になりゃもっと挙げられるぞ。ワンパターン言われて当然だろ、こんだけやってりゃ。
隊長 まあ富野オタ的には、それこそそういう表面的な部分ではなく、「内容」が違うんだよってことなんだけどね。
B.B 個々で違ってて当たり前じゃい。内容まで一緒だったら救えんわ。
隊長 まぁ、ナカナカ一般に理解しろと言われても、難しいとは思う。
B.B 何を理解せえと。
隊長 それは俺の力量だとどうしても長い話になるし、それで合っているのか自信も無いのでやめておこう。
いい加減なことをいうと富野オタに怒られそうだし。
B.B まあ結局アレだ。いつか富野に罰ゲームとして、メカが出なくて人の死なないドラマを作らせたら色んな意味で面白そうだ、ということですな。
隊長 ぬう。ところで……
B.B なんじゃい。
隊長 萌えー
B.B いきなり萌え言われてどう返せ言うのか。我らが高校時代の体育教師Tの娘の名前が萌だったのはよう知っておるが。
隊長 ローカルネタはやめれ。
B.B そういう切り返ししか出来んということだ。何に萌えてるか言うてもらわんと。
隊長 お前は何に萌えているのだ。
B.B 安駄婆萌え。
隊長
B.B 違う、「完」だ。
隊長 そうだな、死は閻魔だ
B.B アーケード版はつづらの当たりを引く確率がシビアすぎる。
摂津以降なら素直に銭払って京都に行けばいいんだけどな。
隊長 そこまでは分からん
B.B お前のサイト関連でわかる人間はおるまい。いたら紹介してほしいぐらいだ。
それが女の子だったら激萌えだ。しかし同属嫌悪でメチャ仲が悪くなる可能性もある。
隊長 萌えるのう。
B.B しかしつくづく考えるが、俺の趣味嗜好をした女がいたら、本当に友達になりたいもんだ。
隊長 0とは言わんが、限りなく0。
B.B そりゃそうだ。男ですらゼロに近いんだからな。
まあ、お前と同じような趣味の女なら、根気よく探せば見つかるかもしらんが。
隊長 そうか。
B.B まあ結局のところ、趣味の合う女が見つかればええというものでもないし。
隊長 問題なのは、人間性が合うかだと思います。
B.B 教科書から抜き出したような言葉ですな。否定はせんが。
隊長 お前の萌えは、何だ。
B.B そう言われても、萌えというものを感覚として理解できぬ俺に、何が萌えかと言われてもわからぬ。
好きな二次元女キャラは何かと聞くなら話はまだわからんでもないが。
隊長 一応聞いてみただけだ。

 

第九章 たまにゃ真面目に北朝鮮の話でも

 

隊長 現段階として、日本は北朝鮮に対してどうしたいのか、ということだ。
B.B 実際どうしたいんだろかほんまに。
隊長 金政権のままでもべつに気にしないのか、それとも無くなって欲しいのか。
こっちに今後害が無ければどっちでもいいのか。どうか。
B.B 無くなるのがベストだが、大っぴらにそうは言えんだろう。
まあとりあえず、政権ひっくり返せばあとは自動的にあの国は滅ぶ。
隊長 そこがよく分からないんだが、昔の日本でも「政府」と「軍部」という構造があっが、あの国もそういう構造があるのかね、完全に一枚岩なの?
「政府」として機能しなくなっても、「軍部」が独断で動くと言う可能性は?
B.B ジョンイルがてっぺんにいて、そこから完全なトップダウン構造だからな。反逆起こす可能性は限りなくゼロ。
向こうの民族性から考えても、自力で政権転覆はムリだろ。
隊長 「政府」と「軍部」の主導権の取り合いというのは、あの国には無いということ?
B.B ない。その主導権を全部ジョンイルに集めてヨシとしてる連中ですから。
隊長 では「政権ひっくり返せばあとは自動的にあの国は滅ぶ。」というわけだ。
B.B そういうことだな。問題は、政権を倒したあと誰がどうやって統治するかだが。
隊長 よし、その話はわかった。
話を戻すが、この状況の中、日本はどういう風にやればいいと思う?また日本はどうしようと思ってる?
B.B どうしようと思ってるなんてのはお偉いさんに聞かにゃわからんが、どういう風にやりゃいいかってのは、個人的意見を言わせてもらうなら、生かさず殺さず。生殺与奪の権利をガッチリ確保することですな。
隊長 もうちょっと詳しく。
B.B 総連を潰し、油や食糧の条件付援助で釣る。
隊長 何を釣るん?
B.B こっちのやりたいように操るってことだ。まあ、そう上手く事は運ばんだろうがな。
隊長 いやね、俺は何が問題かって、この問題に関して、日本としての外交方針が一体何なのか、どうしたいのか良くわからない。
だから批判や分析しようにも、元が分からないから、何もいえない。
言えるとしたら、「どうしたいんや」ってことなんだよ。
B.B 確かに。意志の統一すら出来てないんだよな、連中。
いくら政治家がバカでも、官僚は手足なわけだから、スタンドプレーしちゃいかんよ。
隊長 で、今、具体的に誰が中心となって外交交渉やってるんだろ?それさえ分からん。
B.B 安部晋三か?
隊長 一人は安部さんだと思う。
B.B 平沢勝栄はどうなんだろか。
隊長 拉致議連の人達も、一つの勢力としてあるとは思う。外務省の人もからんではいるだろう。
例えば、『日米首脳会談で小泉純一郎首相が北朝鮮に関し「対話と圧力が必要」と発言したが、外務省の田中均外務審議官が記者発表資料から「圧力」の文言を削除した』なんてのもある。
B.B それはさっき俺が言うたことで。ありゃ完全な官僚のスタンドプレー。外交交渉と言うたらいかん。
隊長 いや、この辺りも結構ゴタついてて、一本化とまではいかないにしても結局どうしたいのかよく分からんな、と。
国としては、圧力重視なのか、対話重視なのか、どうなんだーって。
B.B 頭目がどうしたいのかがようわからんからな。モップヘアおじさん。
隊長 まあ、そこが一番の問題なんだろうケドね。対抗馬がいないんだから、その部分に関しては言ってもどうしようもない面でもある。
B.B 対抗馬?
隊長 いや、小泉さんが悪いと言っても、その代わりがいないから、例え悪かろうと小泉さんにやって貰うしかないってこと。
方法としては、その中で考えるしかない。
B.B しかしあのおじさんも、よくここまで政権が持つもんだな。普通ならとっくにクビになってるはずだが。
隊長 お前としては、今も支持率が高いのをどう分析している?
B.B 対抗馬がいないっての一つと、あとはやっぱりパッと見の雰囲気が政治家っぽくないからでねーの?
亀井江藤みたいに泥臭くないもんな。
しかしいい加減引き下ろして、亀井を使った方がまだマシなんじゃないかと思うんだが。
隊長 世論的に持たんでしょ。下手したら、森さんのようなことになりかねん。
B.B というか今の世論はおかしいぞ。株価が9000円前後、一時期は8000円割ったってのに、なんであんなに支持率高いんだ?
隊長 知らん。が、多分「経済政策のみで評価しているわけではない」ということではなかろうか。
B.B だったら何処を評価してんだ?
隊長 俺は「平壌宣言」および、「イラク攻撃のアメリカ支持→短期勝利」が大きいんじゃないかと思う。
B.B 平壌宣言はともかく、アメリカ支持はちょっとみっともなく見えたけどねえ。
CIAに何か弱み握られてるんでないの?あの人。そうじゃないとあの追随姿勢は説明が利かん。
隊長 それはよく分からん。小泉さんは昔から、そういう路線の人だったっけ?
森派だけど、森さんは違ったような気がするんだが。
B.B さあ。昔は郵政民営化を公言する厚生大臣という印象しかなかったからな。外交路線については何も聞いたことない。
隊長 ちょっと脱線したな。ちょっと話を戻そう。
もう一つ俺が気になるのは、拉致問題を解決しないと、その次の交渉は無い、とすべきなのか。
韓国は拉致はある意味諦めているように見えるけど。
B.B 拉致は解決させにゃなるまい。極論でも何でもなく、これを口実に朝鮮半島に出兵できるほどの大事件だからな。
韓国は、太陽政策と国の経済状況と、あとは同じ民族だからってので手が甘くなるんだろう。
隊長 拉致問題を解決しないと、それ国交回復はない、と。
B.B まあ、そこそこデカい国なら話はもうちょっと変わるだろうが、極端な言い方すれば日本にとって百害あって一利なしな国であるわけだからな。
潰して元々の気持ちで挑めるのが強い。
隊長 ふむ。俺の考えなんだが、とりあえず、日本的には、「戦争」はやりたくない。
例えミサイル落とされて、アメリカが出てきて、勝てる戦いになったとしても、戦いたくはない。
そうなると話し合いで何とかするしか無いので、政権を潰すというよりも、あの政権と何とか付き合っていこうと路線で進むんじゃないかな、と思う。
ただ拉致問題などがあるから、ややこしくなるわけだが。
B.B しかし、付き合っていこうと考えてるなら考えてるで、もっと腰の据わった対応ができるんだけどねェ。
隊長 ちょっと北朝鮮と仲良くしようとすると、すぐに叩く傾向もあまりよくないんじゃないかなと思う。
何か世論的には「もう仲良くする必要はない」という視点で動いているような気がする。
それだと、行き着く先は「戦争」しかないのかなって。
B.B まあそういう論調になるのはわからんでもないけどね。
もしかして政権の腰が定まらんのは、世論を気にしてるからなのか?
隊長 それはかなりあるんじゃないの?
小泉内閣は、支持率内閣な側面もあるわけだし。世論を無視は出来ないでしょ?
B.B 無視せえとは言わんが、片目つぶってやりたいことやるってぐらいできんのか。
隊長 まあ、道義的な問題もあるが。
自分が拉致被害者であったことを想像すると「許せない」って思うわけで、拉致を簡単に許すということは、自分がやられてもそれを許すことになってしまう。
B.B 問題は、許せないっていう感情だけで突っ走ろうとしてるヤツらが多いってことか。
その感情を内包して、ネチネチ相手を追い詰めてく方がいいと思うんだがねェ。
隊長 まあ、そんな単純な感じようだけではないにしても、ちょっと過激だなって。
メディアも挑発しすぎじゃないの?と思ったりもする。
B.B 日本のマスコミの体質を「バスに乗り遅れるな」と表現した人がいたが、まあそんな所なんだろうさ。
隊長 ああいう放送ばかりやると、どんどん反感精神「のみ」が高まる「だけ」のような気がする。
とりあえずキリがいいからここでこの話題は終わるか。
B.B だな。

 

第十章 結局アニメの話に落ち着いた

 

隊長 「アニメについて」は実はやってないな。
B.B やってないが、語れるほど情報量がない。
最近のは俺がわからんし、昔のはお前がわからん。面白いほど噛みあわんぞ。
隊長 お前の昔は昔過ぎるからな。なんでイキナリ80年代なんだ。
2000年代はともかく、90年代はどうしたと言いたくなる。
どっちかといえば、その頃が一番見ていた時期のはず。
B.B 90年代の作品である程度以上語れるのは、ガンダムWが最後だ。
以降、リアルタイムでアニメを見ておらんのだよ。見る量そのものもめっきり減ったしな。
隊長 なるほど。
B.B それならいっそ、互いのオススメの作品について熱く語ってみるか?
隊長 ああ、いいなソレ。ラストテーマとしても相応しい。
B.B とりあえず、三作品ほど候補挙げとけ。
隊長 まずは何より「機動武闘伝Gガンダム」。
これ以降は、かなり迷うんだが、強いて挙げるなら「無限のリヴァイアス」と「サクラ大戦(OVA)」
B.B Gガンとサクラはとりあえず置いとくとしてだ。リヴァイアスは何がそんなに凄いんだ?
隊長 一言で言うと、「分かりやすい」。
B.B 何がそんなにわかりやすい?
隊長 いや、妥当な表現が俺の語彙的に出てこないんだけど、話として入っていきやすかった。
今の状況が分かっているから出来るんじゃないかって。
なかなか「共感」できる部分の多い作品でした。
B.B そう漠然としたことばっかり言われてもな……
具体的なキャラ名とか入れてもいいから、もっと語ってくれい。
隊長 いや、主人公の一見、どっちつかずの日和見的な性格が良かった。(平和主義的?)
それは「人を傷つけたくない」とか「傷つきたく無い」とか、そういう側面からなんだけど、それを貫いてたからね、彼は。
あの作品は俺的には、トラウマになってるところがあるんで、すぐには色々言えない。
結構衝撃を覚えた作品だったので。あの時代のあのタイミングでこんなの出すかーって。
ちなみにキャラデザは、ダンクーガのメカデザの人です。SEEDのキャラデザと言ってもいい。
この人が、メカでは無くキャラデザの人として有名になりだした作品と言ってもいいんじゃないかな。
B.B で、そんなにヤバい作品なのか?
隊長 ああ、ヤバいね。とても午後6時の番組じゃなかった。
B.B 重いわけだな。
隊長 重いし、それは普通のテーマの重さとはちょっと違って、それこそ「今のテーマ」の重さがそこにはあったんじゃないかなって思うよ。
B.B 今のテーマ?
隊長 ちようど俺らの世代だから「感じること」っていうのがあるんじゃない?そういうものを描いていたなって。
B.B だからそう漠然と言われてもな……
隊長 最近見た作品なら、すぐにセリフが出てくるんだけど、ちょっと前のものなんでな。
反射的にセリフが出てこないんだよ。
B.B いや、完全に再現せんでええから。とりあえずこんな感じ、でいいんだよ。
隊長 とりあえず、戦艦リヴァイアスという密閉空間の中で織り成される少年少女の物語。
そこで行われる人間ドラマは、今の世代の人達には、かなり共感を得られるものだと思う。アニメ好きなら、なおさら。
で、キャラクターに関して、一言で言うと「個人主義」なキャラが多い。人付き合いはみんなドライ。
そういう状況の中で話が進んでいくから、見ていて非常に共感できる部分が多くて、よい。
さらに、女性キャラも俺好みだ。ジュルリ。
B.B 少年少女の物語で、大人は出てこんのか?
隊長 大人は出るけど、敵として出てくる。
設定の話をすると、リヴァイアスは極秘の戦艦なんだよ。
主人公達のみが成り行きでその戦艦に乗ってしまって、機密保持のためそれを叩きのめす、と。
子供達は、自分らで、独自の艦内秩序やリーダーを作りながら外敵から戦う。
B.B なるほど。
隊長 あれはいいものだ。
見直せば、色々出て来るんだろうけど、今すぐにいえるのはこれくらい。
B.B Gガンとサクラについては?
隊長 Gガンは、とにかく熱いからね。しかもそこに集中して見られる点がいい。
作画もよかった。とくにOPは今見ても、細かいところまで描けてることがよくわかる。
サクラは、「メディアミックス」としてこれほど楽しめる媒体は無いと俺が思ったから。
ゲームにアニメに舞台にグッズに。これに乗っかって楽しめば、どこまでも楽しめるよ。ホント。
アニメと言えども、アニメ単独で考える必要はないわけで、そういういわば「今風」の楽しみ方の一つとして、一応これを挙げてみた。
漠然とした「メディア作品」っていう「作品」であって、「アニメ」も「ゲーム」も「グッズ」もひっくるめて、一つの「作品」として楽しむ考え方ね。
ついでに俺の三つの共通点は、一言で言うと「キャラがいい」ということになる。
「キャラが俺好みだ」という話。男性キャラなら、「俺もああなってみたいな」であるし、女性キャラなら、「ハァハァしたいな」と。
B.B で、お前の話は続かんのか。
隊長 ない
B.B 今度は俺の番か?
隊長 うむ。
B.B 「宇宙の騎士テッカマンブレード」「疾風!アイアンリーガー」「侍ジャイアンツ」。この三つか。
隊長 ふむ。基本的に好みの話なので、どれにも共通する部分というのがあると思う。この三つに共通する部分はなんだろね。
B.B 強いて言うなら「面白い」って部分ぐらいのもんじゃないか。
どれも歴史的作品だが、扱ってる題材や切り口はそれこそ完全に異質だしな。
隊長 とりあえず、この三つに共通する部分は、特に無いと。
B.B それについてはそういうことにしといてくれ。
隊長 では、具体的に聞いていきたい。テッカマンは、何が良かった?
B.B 戦う人間の悲壮さを突き詰めてみた、という感じだな。
隊長 細かいのはともかく、次にアイアンリーガーは?
B.B 必殺魔球オンパレードのロボットスポ根モノ。そしてある意味、プロレタリア文学の進化形。
隊長 次に侍。
B.B スポ根の古典的名作。70年代特有のハッタリの利かせ方が最高。ザッツエンターテイメント。
隊長 テッカマンは、死ぬの?
B.B 死にはしない。死にはしないが、廃人になる。廃人になって海の見えるログハウスで車椅子生活。
隊長 で、悲しいな、と。
B.B 一番悲しいのはそこに至るまでの過程であるわけなんだがな。
隊長 俺は本放送時に飛び飛びでしか見てなかったんだけど、話をしているとだんだん見たくなってくるな。
B.B あの作品の何が悲しいってな、侵略者側のテッカマンが、自分の兄だったり弟だったり恩師だったりするわけだよ。
本当は戦いたくないけど、自分しか対抗しうる人間がいないから戦わなきゃいけない。
何より、愛していた家族だから、自分の手で決着をつけなきゃならない。
行くも地獄戻るも地獄、どの道戦うしか残されていないからツラいんだ。
隊長 萌えるのう。
B.B おそらくお前のこの作品に対する評価は、ミユキの自爆をどう見るかで決まるだろーな。
隊長 萌えそうなシチュエーションだな。
で、次のアイアンリーガーだが、「ある意味、プロレタリア文学の進化形」ってどういう意味?
B.B アイアンリーガーの概要は、こんな感じなワケだ。
横暴な恐怖政治を敷く強豪チームに、新参者が色々加入した弱小チームが戦いを挑む、と。
途中色々な方向に話が飛んでいくが、大体そういう方向性で話が進んでいく。
で、その試合がもう本当に凄いわけだ。チームワークと必殺魔球の激燃えゲームが目白押し。
そういうゲームが続くうちに、どんどん相手チームのオーナーが変わっていくわけだよ。
最初は「自分への意見は許さん、試合に負けたら即戦場送り」っていう血も涙もない冷血漢だったのが、選手の好きなようにさせてみたり、試合を熱心に観戦するようになったりとどんどん変わっていって。
最後には優勝決定戦に負けた自チームの連中を接収しようとした特殊部隊の前に現れてだ、「お前達はもう自由だ、次のシーズンも頼むぞ」ってなことを言うわけだよ。
「横暴な権力者を弱者が力を合わせて打ち倒す」のがプロレタリア文学だが、これは「横暴な権力者を弱者が力を合わせて改心させる」作品。だから進化形。
ラストシーンで、一人暗い部屋にこもって優勝決定戦のリプレイを見ながら、「フッ……アイアンリーグが、こんなに面白いモノだったとはな……」って呟くのがもう最高。
熱くて泣けた作品ってのはコレが初めてですな。
隊長 なるほど、ええ話や。
で、侍ジャイアンツなんだが、アニマックスは何度あれを放映したら気が済むのかね?
B.B ここ一年でもう三回放映しとるわな。まあ、確実に数字が取れる作品ではあるからな。
俺は嬉しいんだが、好きになれない人間はつまらんだろーなあ。
隊長 まあ、それは「見ない」という権利も視聴者には与えられているからいいんだろうけど、繰り返しやってるよな。
ちょっと前まで俺はずーと続きモノとして、続いているのかと思ってたよ。
B.B 去年の夏から週一でやってたやつはこないだ終わったんだけどな。
ちなみに侍ジャアインツは、魔球覚えてからが本番だ。それまでは良くも悪くもまだまだ普通の作品。
しかし魔球覚えるまでに1クール半かかってるわけだがな。
隊長 ふむ。
B.B もっと言うなら、主題歌が変わってからが一番燃える。
水木一郎の歌もいいが、やはりローヤルナイツの淡々としたコーラスがかえって熱い後期OPが最高だ。
隊長 そういえば、漫画版は読んだの?
B.B ちょっとだけ。でも漫画版はあまり興味ないしな。展開がアニメと全然違うし。
隊長 なるほど。
B.B 漫画は漫画で面白いんだろうが、俺はアニメ派ですから。
っつーか廉価版コンビニに置くなっつーのマジで。そうするんなら復刻版の単行本出さんかい、あぶく銭の亡者どもが。
隊長 それだとマニアしか買わんだろ。
B.B それでいいじゃねーか。元々愛蔵版なんてのは、普通に単行本で出しておくには商業的に厳しいが、かと言って歴史の影に埋もれさせるには惜しい名作を提供するという名目でやってたわけでな。
隊長 それじゃあ、元から知ってる人のみ(ファンのみ)に広がるだけで、あまり意味のあるようには逆に思わないんだが。
一番いいのは「両方出す」ことだな。
B.B というか、もうこれ以上漫画を世の中に広げてくれるな。漫画は文化じゃあない、害毒なんだから。せいぜいが酒の同類。
本当に大事にしてくれるファンだけ相手に堅実な商売してくれよ。
隊長 まあ何を文化と呼ぶのか難しいところだが、俺的には、「仲間」が増えるので嬉しいことです。
B.B 俺は仲間なんかいらねえ。というか、この流れで仲間と呼べる人間は出てくりゃせんだろうというのが俺の見解だ。
隊長 それはともかく、まあ、何にしても、多分俺だけじゃないと思うんだが、あのレベルの古い作品になると、極めて古典的で、当時の人達のようにハマれきれないところがある。なぜか笑っちゃうというか……。
B.B 素直にハマる必要はなかろう。斜に構えて笑いながら、一部分だけでも理解できりゃそれでええ。
隊長 その辺、ちょっと「悔しいな」って思うところが俺にはあるね。
当時の人で、コレに心底ハマった人がいるんだろうけど、そういう楽しみが、自分の中では引き出せないのか!って。
B.B そんなら当時の時代の雰囲気でも勉強してみりゃええ。70年代なんてなあ、色んな方面で実に面白い時代だぞ。
隊長 なんか古典文学を読んでるような楽しみ方になって、俺の求める楽しみ方ではないなって感じるところがある。
B.B それはそれでいいじゃないか、と思うけどねえ。
隊長 まあいいと言われれば、別にいいんだけどね。
B.B しかし見返してみれば、随分熱く語ったもんだな俺も。
隊長 まあそういうパワーが無くなったら、この媒体にいる意味ってあまり無いんじゃないの?
個人のモチベーションによって成立している媒体だし。よいかな、よいかな。
B.B 何年か先、俺がもう漫画に見向きもしなくなるなんてことにならなきゃいいねェ。
ガーガー不満を喚き散らしてるのは、まだ漫画が好きだってことだからな。
隊長 まあな。
では、締めくくりの締めくくりとして、今後のオタ業界について考えてみるか。俺がまず問題提起するので。
B.B ふむ。
隊長 俺の考えだと、今後は、「サクラ大戦」現象が、より如実に出てくる。
すなわち、漫画を一つの作品とするのではなく、漫画は「メディア作品」の一つとして考えられ、「全体として一つの作品」とする傾向が強くなってくるんじゃないかな。
もう一つある。それは「保守的傾向」。
B.B 保守?
隊長 今のユーザーを見ると、古いオタは、古い作品ばかりを列挙して、「昔は……、昔は……」と、古典作品ばかりをひっぱり出してくる。
新しいものは、全否定。これは非常に保守的傾向でしょ?
逆に新しいオタも、「既存データの加工」が大好きで、常軌を逸した「突き破るもの」はあまり好まないように思う。
これもまた保守的。これが続くと、それがデフォルト設定になるので、「保守的傾向」が起こるだろう。
最近思うのは、誰か「保守的な主人公」っていうのを出してくれないかなって。
かなりの高レベルで共感してくれる人が出てくるはず。みんな保守的だから。
以上、何か反論でも何でもどうぞ。
B.B 保守的な主人公……気は優しくて力持ち、直情的な熱血野郎とかか?
隊長 いや、危険なリスクはさける主人公というか……。
最近の就活見てても思うんだが、みんな「○○の会社に比べればマシなので、ここにする」とか、「後々のことを考えて」とか、すごくみんな守りに入ってるんだよ。
「これがしたいんだ」っていうのも勿論あるけど、第一優先は、それより別なものにある人が多いように思う。
そういう人ばかりじゃないのは、知ってる。けれどもそういう人がかなり多いのも事実だと思う。
論文でもみんな基礎研究よりも応用研究をやりたがるしね。
「自分で、この論の第一人者になってやる」って思って新説作ろうとする人って少ないんじゃないかな。
「保守的な主人公」というのは、いわば、そんな感じ。そういう動きで、肯定的な「ハッピーエンド」の話にする。
B.B ようわからんが、結局冒険をしない人間を主人公に据えるってことか?
隊長 冒険をしない……というか、それを「お上手」に乗り切るというか、かわす主人公。
B.B 力と勢いより、技と知恵重視?
隊長 うむ。別にソレもアリだよって。
しかしそれやると、碇シンジみたいな奴でも「僕はここにいていいんだ」→「おめでとう(OK!)」っていう、エヴァ的なものになりそうな感じがするな……
B.B 後ろ向きに考えてったらそうならざるを得んわな。俺はそういうのはどうかな、と思うが。
今のちと閉塞気味の時代状況を見たら、むしろガーンと勢いのあるものを作った方がいいんじゃないか?
もっとパワーのあるものが見たい。「問答無用」の一言で括れるような、そんな作品が。
隊長 そういう作品として、今は、力でねじ伏せる「天才型主人公」の流れがあると俺は見てるんだが。
B.B あるのか?その流れが。
隊長 ジャンプの主人公とか、天才型が増えてるでしょ?
B.B あー、そういうことか。
いや、俺が言いたいのは主人公についてだけでなくて、作品の根底に流れるものに、そういうのが欲しいなと言うてるわけだ。
っつーか今のジャンプに、力でねじ伏せるタイプの主人公いたっけ?
なんか、斜に構えてたり子供っぽかったりしてるのが多かったように思うんだが。
隊長 俺の分類では、ワンピース、ブラックキャット、テニプリ、ボーボボがそれに当たる。
B.B ワンピースは当たってると思うが、後はもう異論反論が山積み状態。
っつーかボーボボを同じカテゴリーにくくっていいのか。
隊長 それは微妙(笑)。一応、そうだろうということでそうしておいた。
B.B というかお前、俺の言ってる意味わかってるか?列車も越前もどう考えたって正統派じゃなかろう。
隊長 いや、今その部分を言ってるつもりは無かった。
天才型主人公と俺が定義しているのは、主人公が努力する描写が少ない作品。
一コマで終わったり、次の回には、すでに終了してたり。
B.B なんか話が噛みあってないような気がするんだが。
隊長 いや、そういう天才系の主人公が、敵を叩きのめすのって、閉塞されたこの状況では、スカっとしない?
そういう要素があれらの作品が受けている一つの理由としてあるように思う。
B.B 全然。むしろ納得いく説明も勢いもなくそういう事やられるからメチャクチャ不愉快だ。
隊長 だから、元から強いんだって。だから天才型。
B.B ただ敵を叩きゃいいってもんじゃあないんだよ。
逆境を不屈の闘志と溢れるパワーでねじ伏せるのが燃えるんじゃないか。
あんな適当なことふにゃふにゃやってたら敵が倒れてました、って漫画で誰が燃えるか。
隊長 「不屈の闘志と溢れるパワー」ではなく、「圧倒的パワー」がこういうのの特徴なんだがな。
B.B それは駄目だ。「不屈の闘志と溢れるパワー」のワンセットだ。不可分。
隊長 それってお前の好みの問題じゃないの?
B.B 好みの問題もあるが、一般的でもそうだろう。
隊長 それで売れてないというのなら分かるが、好きだっていってる人、沢山いるじゃない。
B.B 雑魚みたいなヤツをただ虐殺するだけの作品が面白いか?
隊長 それだけだと楽しくはない。が、あれらの作品をそれだけの作品としてしか読み取れないんだったら、分析が不十分だ。
B.B そりゃ、それしかなけりゃ売れるしかねーんじゃねーの?
いわゆるメジャーの作品の中で、正統派でかつ勢いのある作品がない以上、その手の半端物が売れちまうのは仕方なかろう。
隊長 それは違う。別に生活必需品じゃないんだから、つまらなければ買わない。
もちろん惰性で買う人もいるだろうが、それで一位を取れるほどより中甘くは無いと思うんだが。
B.B 甘くなってると思うぞ俺は。
10年前まで、1000万部単行本売れば歴史的作品だって言われてたのが、今やそれすら珍しくなくなってる。
原因が何にあるのか知らんし知る気もないが、とにかく異常なんだよ。まともじゃない。
隊長 それは単に漫画を読む人の母体が増えたからじゃないの?俺が言って
るのは、300万部売れてるという話ではなく、雑誌の中で「一位」がとれてる現状を言っている。惰性で買ってる人だけで、一位がとれる業界なの?
B.B 惰性で買おうと熱心に買おうと、同じ一冊同じ一票だろう。むしろ惰性で買ってる人間が増えてんじゃないか?
少子化で本来の読者層はどんどん減ってってるわけだしな。
隊長 単に「子供向け」ということで売ってるわけではないのは、確かな話だとは思います。
まあ、昔に比べて惰性で買ってる人も多いと思うよ。この媒体自体を子供の頃からの惰性でやってる人もいると思う。
ただ、それはやはりオタだけだ。オタだけでねあそこまではいかない。
いや、何をオタと呼ぶかにもよるが、一般的に考えて、「面白くも無いのに買うか?」と。必要でもないのに。
そんな奇特な人は、増えたと言っても、沢山いるとは到底思えない、といっている。
B.B 買うんだろうさ。昔から親しんでたモノを簡単に捨てらりゃしない。そんなもんだ。
俺はそういうのが沢山いる、と思うがね。
隊長 しかし、10万、20万ならともかく、300万とかいくかね……というのが、俺の意見です。
B.B まあ結局は水掛論だ。明確なデータを持たない上で言うてるわけだからな。
隊長 まあ、そうだな。とりあえず、俺は、今後は「メディアミックス」と「保守傾向」というのが鍵になると思う。
今もやってるじゃねえか、ではなくて、「これからがいよいよ本番だ」って感じで。
B.B 俺は今後の業界の動向なんぞどうでもええ。
隊長 業界というか、「楽しみの方向性」として、ということなんだが。
B.B それもどうでもええ。そんなのは個人個人で勝手に考えりゃいいし、現に俺はそうしてきた。
ただ、忘れてほしくないんだよ。漫画やアニメなんてのは文化じゃあない。エンターテイメントだ。下級な存在なんだよ。
人目をはばかる恥ずかしいモノでなきゃいけない。
隊長 俺は「楽しむ」ためにやっているのであって、何か「高尚なこと」をやろうとしてやっているつもりはない。
B.B 高尚とか高尚じゃないとかいう問題じゃないんだよ。言うなれば、「されどアニメ、たかがアニメ」だ。
お前らは世にはばかっていい存在じゃないんだから、どんだけでっかくなっても隅っこ歩いとれ。
アニメや漫画を楽しむ人間は、自分は褒められないようなことをしてるって自覚しろ。
隊長 どの視点からそれを見るかにもよるがな。
B.B 視点なんざ関係ない。どっからどう見ても漫画は下等な存在なんだ。いや、そうじゃなきゃいかんのだよ。
隊長 俺の考えだとね、みんな幸せになるために生きているわけでしょ。
漫画読んでそれで幸福状態になっているんだったら、それは人生の勝利者でしょう。
それで生きる目的(幸せになる)を果たしているんだから。
こうなると、それはただの下等な存在では、ないわけだよ。
B.B 人を幸せにすりゃ高尚な存在だってんなら、酒も煙草も麻薬も高尚な存在よ。
隊長 社会的には悪でも、個人的レベルではそうだと思います。
B.B というか、お前の言う幸せってナニよ?そこから徹底的に聞かせてもらいたいもんだ。
隊長 「心の平穏」。だいたい幸福論なんて、人によって違うのなんか当たり前の話じゃないの?
B.B 違うからどうした。
隊長 いや、漫画読んで幸せになっている人を頭ごなしに、全否定するのは、良くない。これは個々の作品においても言える。
B.B 全否定して何が悪い。否定されて問題があるのか。それがイヤなら自分で自分を肯定すりゃいいじゃねーかよ。
隊長 それは、一般的に無礼だろ。
B.B 否定することは必ずしも無礼ではない。一くくりにしたらいかん。
隊長 それは、その通りだ。だが、今、お前の言っていることは、それに当たるんじゃないかと言いたい。
B.B 当たるかどうかは言われた人間が判断すりゃええ。が、俺は何と言われようと頭下げる気も撤回する気もない。
だから、文句があるなら俺を叩き潰せ。否定してみせろ。
隊長 やるのぅ。まいった。m(_ _)m:ははーっ。
B.B 筋金入りのマイノリティをなめるんじゃあない。
隊長 その覚悟があるなら、いいのやも知れん。 そういえばマイノリティと言えば、データイーストの社長が何だか大変みたいだね。
B.B 夜逃げして連絡とれないらしいな。わざわざ尋ね人広告まで載ったという。
隊長 うむ。夜逃げしたのかどうかは知らないけど、「連絡が取れなくなった」って聞く。
B.B 色々と伝説を作った人間だからな……
ファイターズヒストリーがカプコンに訴えられて、法廷で「ストIIは昔ウチが作った空手道のパクリじゃないか」って逆ギレしたという話もある。
しかしあのゲームは社長からのトップダウンで「ストIIみたいなゲームを作れ」と言われたものらしいが。
隊長 あの業界はワンマンが多い。そういうケースもあるでしょう。
B.B しかしまあ、これでデコも完全に終わりだな。GBAメタルマックスも散々な出来らしいし。
隊長 そうか。よく分からんが、ファイターズヒストリーの件に関しては、ちょっと可愛そうな気もするがな。
他にも似ているのは沢山あったような気がするし。
B.B あからさまにストIIを真似たのはあれが初めてだったからな。ちと運がなかった。
隊長 ところで、何でデコって言うの?
B.B Data East COrporation 頭文字とってDECO。
隊長 なるほど。
B.B デコの次につぶれる老舗は何処だろね、と。
隊長 経営に関してはよく分からんので、何ともいえないね。セガはどうするんだろね。
B.B さあ。ゲーセンが元気なら、NAOMI基盤とDCで引っ張っていけたんだけどな。
隊長 まあ、頑張れ、ってことだな。
B.B 頑張らんでええ気もするがな……もう眠らせてやりたいわ。
隊長 ぬう。
B.B スペックが高くなりすぎて、アーケードとコンシューマの垣根がなくなった。
そしてネットワークが整備されて、ネトゲが全盛となった。
これが一番キツかったんだろうさ。
隊長 結局突き詰めたらクレーンゲームなのかなって思うよ。ゲーセンは。
B.B 何なら昔デパートのゲームコーナーにあったパチンコを復活させてもいいと思うんだがな。
バネで一球ずつ飛ばして、景品に菓子が貰えるヤツ。
隊長 ああ、あれか。俺はアレはやらなかったんだよな。なぜか。
B.B あまりその手の場所に縁のない趣味をしとったってことか?
隊長 いや、ずーとビデオゲームの方をやってたので。
B.B その割にゃ俺の方が今レゲー趣味になってるのは、一体どういうことだろね。
隊長 俺は平行して、家庭用とかもやってたからな。
B.B そういう問題でもない気がするけどな。
隊長 まあ、とにかくさっきも言ったが、メディアミックスなんでな。
全部の中で楽しめる素養が必要になってくるんじゃないかね。ユーザーとしては。
「ゲームは、ゲームだけの話として動いてない。漫画は漫画だけの話として動いてない。」ってね。
B.B 素養とか流れなんてな、俺にゃどうでもいいさ。
ただ、お前が言うところのメディアミックス傾向は、俺にはどうも首をひねらざるを得んものではある。
隊長 まあ全部のエキスパートになるのは事実上不可能だからね。
その道のエキスパートの人から言えば、文句を言いたくなる部分というのはあるでしょう。
版権ものゲームとか「こんな出来のゲームでいいのかー」とか。
B.B エキスパートかどうかって問題か?それは。
隊長 そういう問題だと思います。
B.B 何というかお前は、何かにつけ極端な論法を使うな。エキスパートとか。
隊長 じゃあ「目が肥えてる人」とでも言おうか?
B.B 言葉の問題ではなくて。何事も二極化して考えすぎなんだお前は。
漫画論について言えば「オタクと一般人」みたいな感じで。
隊長 しかしだね!俺から言わせると「オタクと一般人」に関して言えば、オタクなクセに、「自分は一般人のような初心者じゃないんだ。」と言わんばかりの人間が、そういってる様にしか思えないんだが。
B.B 言いたいことがようわからんのだが。
隊長 いや、定義の問題でしょ?それは。詳しい人(こだわりをもっている人)と、詳しくない人(普通に接している人)に分けているだけの話だが。
オタと呼ばれるのが、そんなに嫌なのかね。お前が言ってるのはそうでしょ。「俺は一般でも、オタでもない」って。
B.B まあそういうことだが、嫌なのかどうかはさておいても、一般人とオタクとたった二つに分けるのはちと乱暴だろうそれは。
隊長 まあ、俺も乱暴だと言われれば、そうだと思います。
ただ、あれの意味は、詳しい人とそうでない人の差で、特に他意はないんだけどね。
B.B もうちょっと細かく考えてみるこったな。
隊長 いや、そう思ってる層がいることは勿論知っているけれども、結局やってることは、「みんなこだわりを持って接している」という点なわけで、変わらんな、と思っているのでな。
B.B お前の言いたいことはどうも、一発でわからんことが多い。
隊長 だろうな。俺も伝えきれる文章が書けているとは思ってない。
B.B そういうのを書けい。
隊長 出来たらやっとるわ!
B.B とオチがついた所で、そろそろお開きにするか。
隊長 うむ。そうするか。これだけやればいいだろ。
B.B では、寝る。
隊長 さらば。

 


●編集後記


戻る