「仕置」

法によって処刑することを江戸時代こう呼んだ。

しかしここに言う「仕置人」とは、法の網をくぐってはびこる悪を裁く

闇の処刑人のことである。

ただし、その存在を証明する記録、古文書の類は一切残っていない…


第一章  第二章  第三章  第四章  第五章

第六章  第七章  第八章  第九章  第十章  最終章



●この小説は、昭和52年11月4日にTV朝日系列で放映された「新必殺仕置人『解散無用』」を、管理人B.Bがノベライズしたものです。

戻る