暗黒太極拳炸裂


こんばんわ。

現在ハマってるゲーム:蒼穹紅蓮隊(御徳用)

その前にハマってたゲーム:レイヤーセクション

という、現役バリバリのサターンユーザー&時代遅れのシューター、B.Bです。


先日、炎のヒマ人さんから、連絡がありまして。

「あ、もしもし、炎のヒマ人です。明日広島へ行くんで、その時に会えませんか?」

と携帯の留守電にこんなメッセージが入ってたんですが、ちょっとここで考えてみてください。

メッセージを確認してみて、いきなり「炎のヒマ人です」なんて言われたら、どんな気持ちでしょう?

私はつい「シュールなHNだねぇ」と苦笑してしまいました。

せめて「炎の」を取ってくれればちょっとは普通っぽくなるだろうと思ったんですが、冷静に考えてみたら、

いきなり脈絡もなく「暇人です」と言われたら私、「誰だキサマは」と軍人口調で問い返すこと必至。

やっぱり「炎のヒマ人」でいいです。ゴメンナサイ。


前振りはここまでにしておいて、とにかく連絡の翌日、ヒマ人さんに会って参りました。

約束しておいたビデオの受け渡しを終えてから、一緒に色々な場所を回ったんですが、
その時にビスコに入ったんですよ。(ビスコ:広島最大の中古ゲーム屋)

ところで突然ですが、センチメンタルグラフィティというゲームをご存知でしょうか。

ドリキャスの登場が囁かれ始め、もはや終末を待つのみとなった時期のサターンに、
起死回生を狙うが如く登場したギャルゲーなのですが、
鳴り物入りで登場したにも関わらず評判はイマイチで、今ではその名前はギャグにすらなっています

例えるなら、
彗星のように現れて流星のように燃え尽きた
って感じでしょうか。

で、その燃えカスが中古屋で売っていること自体は珍しいことはない。それ自体は。

問題はその値段。

サターンのコーナーに五つぐらい置いてあったセンチのケースを手に取って値札を見ると、

\120

しかもよく見てみると、その値札の下に\180と書かれた札が貼られているのに気づきました。

そこまでしても売れないか、センチメンタルグラフィティ!

隣にいたヒマ人さん、人目をはばからずゲラゲラ笑ってましたよ。

熱血硬派くにおくんの最終面で、ヤクザにドスで一撃必殺された時よりいい笑顔でした。

でも俺がそのセンチをつい衝動買いしてしまった時、
その笑いが引きつり気味だったのは、多分俺の気のせいでしょう。


で、家に帰ってこのセンチメンタルグラフィティを、軽くさわりだけやってみました。
が、現時点で既に不満爆発気味。

何故ヒロインは方言を喋らんのだ?

横浜のヒロインはしょうがないとしても、
大阪のヒロインが関西弁を喋らずにバリバリの共通語を話してるし、
広島のヒロインが広島弁を喋らずにバリバリの共通語を話してるし、
青森の(以下9人分略) 

といった具合に、造り込みが根本的に甘すぎ。

その甘さはオープニングムービーにも如実に表れていたンですが、
コイツはもはやギャグの領域に達してしまっていました。

で、今回はそのOPムービーのレビューをば。
暗黒太極拳との異名をとるその破壊力は、果たしていかなるものか。


@ヒロインの数人が、思い思いの套路(中国拳法の型のこと)を披露

この時に限らず全編通してなのですが、背景は常に真っ黒です。
その上何故か、ヒロインの体が発光してます

気功が高まってる証拠か?(By.鉄拳チンミ)


A突然画面の中を、バタ足で泳ぎだすヒロイン12名

なるほど、水泳って全身運動ですから、体鍛えるにはもってこいですな。


B唐突に雨に打たれるヒロイン達

雨に打たれてもまだ発光してます。


C再び套路が始まる

この時のBGM。

「風を集めて〜♪両手広げて〜♪」

必殺技でも放つ気か?


D12人分の制服がいきなり画面に現れる

今更こんなモノ見せられて萌えるとお思いか。
あ、さすがに制服までは発光してませんでした。


という風に、比較的ツッコミが苦手な私でもこれだけ揚げ足が取れるという、ある意味最高の素材。

1がこの調子なら、DC版のセングラ2の出来はもう、凄まじく楽しみですなァ。

というワケで、中古ででも買って試してみんか?

現役DCユーザーの隊長あたり。




戻る