木枯し紋次郎


 

笹沢左保の小説「木枯し紋次郎」シリーズの、レビューというか感想文というか。

 

  • 女郎蜘蛛が泥に這う (第四巻「無縁仏に明日を見た」収録)

     

  • 上州新田郡三日月村 (第六巻「上州新田郡三日月村」収録)

     

  • 命は一度捨てるもの (第八巻「命は一度捨てるもの」収録)

     

  • 旅立ちは三日後に (第十巻「虚空に賭けた賽一つ」収録)

     

  • 人斬りに紋日は暮れた (第十三巻「人斬りに紋日は暮れた」収録)

     

  • 生国は地獄にござんす (第十三巻「人斬りに紋日は暮れた」収録)

     


    戻る