小ネタ集


 

− 極真会館道場訓 −

 

この道場訓は「空手の修行は自分自身の心と体を磨き上げることこそが最終目的である」とする、
故・大山倍達極真会館総裁の武道観、空手観をまとめたものであり、
大山総裁の人生のバイブルともいえる小説『宮本武蔵』の著者、吉川栄治氏が監修されたものである。
現在、世界約120カ国の道場において、稽古の終わりには必ずこの道場訓が唱和されている。

 

一、吾々は心身を練磨し、確固不抜の心技を極めること。
(We will train our hearts and bodies for a firm unshaking spirit.)

(解説)
私達が空手を修行する目的は、自分自身の体と心を鍛えることにあり、
真剣に稽古に打ち込む事で、どんな事にも動じない強い意志を修得していかなければならない。

 

一、吾々は武の真髄を極め、機に発し感に敏なること。
(We will pursue the true meaning of the Martial Way, so that in time, our senses may be alert.)

(解説)
私達は武道としての空手の道を徹底的に追求していくことで、
どんな状況でも臨機応変に対応する力と、相手の心を理解する思いやりや優しさ、
どんなことにも素直に感動できる心を身につけなければならない。

 

一、吾々は質実剛健を以て、克己の精神を涵養すること。
(With true vigor, we will seek to cultivate a spirit of self denial.)

(解説)
私達は自分を飾ることなく、真面目で素直に空手の修行に打ち込むことによって、
自分自身に打ち勝つ強い心を養っていくことを心がけねばならない。

 

一、吾々は礼節を重んじ長上を敬し、粗暴の振舞いを慎むこと。
(We will observe the rules of courtesy, respect our superiors, and refrain from violence.)

(解説)
私達は礼儀を身につけ、目上の人を敬い、人前で空手の力を誇示するような行動をとってはならない。

 

一、吾々は神仏を尊び、謙譲の美徳を忘れざること。
(We will follow our religious principles, and never forget the true virtue of humility.)

(解説)
私達は人間の力が及ばない自然や宇宙の摂理を重んじ、神や仏を敬い、
相手のことを大切にし自分を謙遜する態度を忘れてはならない。

 

一、吾々は智性と体力とを向上させ、事に臨んで過たざること。
(We will look upwards to wisdom and strength, not seeking other desires.)

(解説)
私達は空手の修行によって知性と体力を向上させ、どんな状況でも焦らず、
冷静に対処できるようにならなくてはならない。

 

一、吾々は生涯の修行を空手の道に通じ、極真の道を全うすること。
(All our lives, through the discipline of karate, we will seek to fulfill the true meaning of the Kyokushin Way.)

(解説)
武道をしての空手の修行は一生かけて追い求めるものであり、
一生を通じて極意に一歩でも近づこうとする姿勢、それが極真空手の本義である。

 


 

− プロボクシングの階級 −

ストロー級
(ミニフライ級)
105ポンド(47.61kg)以下
ライトフライ級105〜108ポンド(48.98kg)
フライ級108〜112ポンド(50.80kg)
スーパーフライ級
(ジュニアバンタム級)
112〜115ポンド(52.16kg)
バンタム級115〜118ポンド(53.52kg)
スーパーバンタム級
(ジュニアフェザー級)
118〜122ポンド(55.34kg)
フェザー級122〜126ポンド(57.15kg)
スーパーフェザー級
(ジュニアライト級)
126〜130ポンド(58.97kg)
ライト級130〜135ポンド(61.23kg)
スーパーライト級
(ジュニアウェルター級)
135〜140ポンド(63.50kg)
ウェルター級140〜147ポンド(66.68kg)
スーパーウェルター級
(ジュニアミドル級)
147〜154ポンド(69.85kg)
ミドル級154〜160ポンド(72.57kg)
スーパーミドル級160〜168ポンド(76.20kg)
ライトヘヴィ級168〜175ポンド(79.38kg)
クルーザー級175〜190ポンド(86.00kg)
ヘヴィ級190ポンド以上

 

白井義雄が日本人初の世界王者となった1950年代当時、プロボクシングの体重区分は8階級のみであったが、 1970年代半ば以降のジュニア階級新設ラッシュを皮切りに、現在は17階級にまで膨れ上がっている。

先日、WBC(World Boxing Council)とWBA(World Boxing Association)がルールを統一したばかりであるが、階級名称でジュニアという名称をやめてWBCが使用していたスーパーという名称に統一した。
ただし、IBF(International Boxing Federation)は従来通りの名称を使用するらしい。

最軽量クラスだけは、それぞれが使用していた称号を従来通り使用する様である。
WBAの本拠地であるベネズエラでは、ストローと言葉があまりいい意味ではないというのが、その理由らしい。

ちなみに日本国内のタイトルは、ストロー級からミドル級まで。

 


 

− 東京23区 −

 

足立(あだち)

荒川(あらかわ)

板橋(いたばし)

江戸川(えどがわ)

大田(おおた)

葛飾(かつしか)

(きた)

江東(こうとう)

品川(しながわ)

渋谷(しぶや)

新宿(しんじゅく)

世田谷(せたがや)

杉並(すぎなみ)

墨田(すみだ)

台東(たいとう)

千代田(ちよだ)

中央(ちゅうおう)

豊島(としま)

中野(なかの)

練馬(ねりま)

文京(ぶんきょう)

(みなと)

目黒(めぐろ)

 

以上、五十音順。

 


 

− ギリシャ文字 −

 

Ααalpha(アルファ)
Ββbeta(ベータ)
Γγgamma(ガンマ)
Δδdelta(デルタ)
Εεepsilon(イプシロン)
Ζζzeta(ゼータ)
Ηηeta(イータ)
Θθtheta(シータ)
Ιιiota(イオタ)
Κκkappa(カッパ)
Λλlambda(ラムダ)
Μμmu(ミュー)
Ννnu(ニュー)
Ξξxi(クサイ)
Οοomicron(オミクロン)
Ππpi(パイ)
Ρρrho(ロー)
Σσsigma(シグマ)
Ττtau(タウ)
Υυupusilon(ユプシロン)
Φφphi(ファイ)
Χχchi(カイ)
Ψψpsi(サイ)
Ωωomega(オメガ)

 


 

− 新撰組幹部構成 −

 

局長近藤勇昌宣
副長土方歳三義豊
参謀伊東甲子太郎武明
一番隊隊長沖田総司
二番隊隊長永倉新八
三番隊隊長斎藤一
四番隊隊長松原忠司
五番隊隊長武田観柳斎
六番隊隊長井上源三郎
七番隊隊長谷三十郎
八番隊隊長藤堂平助
九番隊隊長鈴木三樹三郎
十番隊隊長原田佐之助

 

  • 伍長
    奥沢栄助、川島勝司、島田魁、林信太郎、前野五郎、阿部十郎、橋本皆助、茨城司、小原幸造、近藤芳祐、加納G雄、中西登、伊東鉄五郎、久米部十郎、富山弥兵衛、中村小三郎、池田小太郎、葛山武八郎

  • 監察
    吉村貫一郎、山崎烝、尾形俊太郎、芦谷昇、荒井忠雄

     

    「新撰組」とは本来、清河八郎を頭目として江戸から京都に上った攘夷集団「浪士組」から分派した勢力である。
    その後、幕府から正式に京都守護職預かりとして任命され、内部の権力争い等を経て、慶応元年に上記の表のように落ち付いた。
    これらの隊制を作り上げたのは、副長の土方歳三である。
    隊をきちんと区分し、一つの役職に二人以上の人間を就かせないこの体制は、徳川幕府の採っていたものとは全く異なる、当時の日本としては非常に画期的なシステムであった。

    解説すると、「局長」を頂きに置き、その相談役、横のラインとして「参謀」がある。
    参謀には実質的な隊への命令権はなく、いわば局長の個人的スタッフと言ったところか。
    そして縦のラインとして、局長の下に「副長」、その下に一番隊から十番隊までの隊を置き、それらの「隊長」が副長の直属となる。
    「伍長」は平隊士の上の階級として作られ、これと言った権限は持たされていない。
    「監察」は戦闘よりも情報収集を行う部門で、文字通りの監察が任務である。
    時にスパイを行うこともあったようだ。

    余談であるが、これら新撰組幹部の中で浪士組当時からいる人間は、近藤勇、土方歳三、沖田総司、永倉新八、斎藤一、井上源三郎、藤堂平助、原田佐之助の八名である。
    その内、近藤が師範をしていた武州の天然理心流の道場「試衛館」の門弟であったのは、土方、沖田、井上の三名である。
    残り四名は、試衛館の門人ではなく、食客として道場に出入りしていた。

     


     

    − 麻雀の得点計算 −

     

     


     

    − 豆知識 −

     

     


     

    − 当サイト旧タイトルロゴ −

     

     


    戻る