戦う人間発電所


現在2002年5月。俺の歳は、数えで22歳。

いやぁ、随分歳食ったもので。

ついこないだまで高校生だと思ってたのに、いつの間にか中学に入学したのが10年も前になってしまったよ。

10年前の俺ってーと、何してたんだろ?

勉強なんかしないで、ゲームばっかしてた気がするな。

もっとも今みたいなレゲー趣味なんかなくて、コンシューマ・アーケード問わず、新しいゲームを常に追いかけてたけども。

というか当時はレゲーという概念がなく、古いゲームをやる機会がなかっただけだけどね。

ファミコンもPCエンジンもまだ市場で現役で、アーケードもまだ格ゲーの人気に火が点いたばかりの頃だったし。

まあコンシューマの旧作は中古屋に行けば手に入るわけだけども、アーケードのものとなると
ゲーセン経営者の胸三寸で、俺みたいな一介の無名の客には選択権がない。

それでもたまに、古いアーケードゲームをやる機会に恵まれることがある。

でもそれをやる場所はゲーセンじゃない。

では何処か?

駄菓子屋だ。

10代の人間や都会育ちの人間にはピンと来ないかもしれないが、一昔前の駄菓子屋は
軒先にゲーム台を置いてる店が多く、菓子を買った釣りの十円玉でゲームが出来る仕組みになってたんだよ。

駄菓子屋ゲームといえばコナミのタイムパイロットが全国的に有名で、
俺も小学生の頃近所の駄菓子屋でやりこんだものだ。

中学に入ってからは学校の位置の関係で別の駄菓子屋に通うようになったんだが、そこも多分に漏れず、
軒先にゲーム台が3つほど置いてあったよ。

その三つの内、二つが何であったかはもう俺も覚えていない。

でも最後の一つだけは、今でも明確に名前と内容を覚えている。



アトミックランナー・チェルノブ 戦う人間発電所



はい、チェルノブです。

レゲーファンのアナタはおそらくディスプレイの向こうで笑いをこらえるのに必死でしょう。

奇抜すぎる演出とネーミングセンス、何よりその激ヤバな設定のために、
日本ゲーム史上ブッチギリ一位の怪作扱いされている(誇張ナシ)あの「チェルノブ」(データイースト謹製)です。

おばちゃん、一体どういう経緯でこんなもの駄菓子屋の軒先に置こうって考えたんだよ・・・

でも当時の俺はこの手のゲームを楽しむ粋な心など持ち合わせておらず、何より別の店のゲームコーナーに
当時大人気だったアンダーカバーコップスが入ってて、俺の興味はもっぱらそっちに向いていたよ。

それからすぐにその駄菓子屋が潰れてしまい、結局チェルノブはそこで2、3回やっただけで終わってしまったけど、
それでも俺の心にくっきりとした痕跡を残していった。

いやぁ、味があるどころかくさや級の珍味だったよ、チェルノブ。


チェルノブがどんなものかというのを知らないアナタに、手短にその魅力を伝えるとしましょう。




とまあ、こんな感じのゲームです。

見つけたら是非プレイすることをオススメします。

余裕があるならやりこんでクリアすることをもっとオススメします。

エンディングはもはや「驚愕」の一言以外では言い表せないので。



中学生の時のファーストコンタクト以来、チェルノブを目にする機会はなかった。

「溝口危機一髪」にゲスト参戦しているのは知っていたが、
チェルノブが主役のあのゲームには久しくお目にかかってなかった。

まあ当然といえば当然のことだけどね。

それが去年の夏、思わぬ所で彼と再会することとなった。

東京に遊びに行った帰りに大阪に立ち寄り、梅田の地下街をブラブラしていた俺は、
レゲーがメインの場末のゲーセンで元気に稼動しているチェルノブの姿を見たんだ。

早速50円玉を入れてプレイしてみたが、9年のブランクに加えてそもそもロクにやった経験もなかったため、
当然のことながらほとんど進めないままゲームオーバー。

一度席を離れ、しばらく別のゲームで遊んでからもう一度戻ってみると、別の男がチェルノブで遊んでいたよ。

そいつがまた神技級のテクの持ち主で、あれよあれよと言う間にステージをクリアしていき、
気がついたらステージ7、最終面まで辿り着いていた。

そして遂に、タイトル画面にも出てた自由の女神の上で、死闘の末ラスボスを撃破。

どんなエンディングが出てくるんだろうと思ってワクワクしてたら、



「OWATTE SIMATTA」って何だよオイ。

強烈すぎてどうツッコミ入れたらいいかわかんねーぞゴルァ。

とにかくこのメッセージの後にこの画面のままキャラ紹介があって、
それが終わるとチェルノブは再び画面外へ走り出す。

二周目開始か?と思ってたら、チェルノブを追うようにヘリが飛んでいって、次の瞬間、



ババババババババ!(銃声)

ウイィィィィィィン・・・(チェルノブが死んだ時のSE)

 

そして、

拡 ↓ 大

 

(゜д゜)ポカーン

 

「ごめんなさい、こんな時どんな顔をしたらいいかわからないの。」

「笑えばいいと思うよ。」

 

2chデコスレはこちら

 


おまけ・チェルノブOPデモ



  あ る 日、原 発 の 爆 発 が 起 き、
  そ の 時、爆 風 下 に
  炭坑夫 チェルノブがいた。

                   ________________
     - S T A F F -      |ヽ         ,ィ / '' ,-、 V V  //\|
                    |>ゝ-、从 ,-‐'~^ `' ./i  !  !    .//  ,!|
  P R O G R A M :      .| ; `' ヽ/ 、-、 ,、  ヽ ヽノ ,、,、 // /...|
                    |;' ,;, ' ヽ ヽ'  ^   ヽ_,=‐、,ノ   ~-、' i. |
   - I N O U E -       | '; ' ., ,ヽ 〈_)  ハ/ つ  Y^>-、ー' 从、.|
                    |; , ;    ヽ  -'从从' ~ー'"!r' ュ、ヽ、ミ ' |
   - A K I Y A M A -     . | ; ;    ス、``' `' , ' レ '~(.i  :::ヽ  i ゚ . |
                    |`从〃 ゝ`) ;` '`  ' ー ; ミヽ、 :::ノ、_ i从 |
   - H A G A -        |,. - 、〃,  彡 ;== ェ _ ' ;,, ;,ゝ、~_ノ ヽ,、,|
                    | '。", ,  ミ ミ ゝ、、, ,ノ、_~, ,-' 、  :::ー':: i'  |
  H A R D :            .|、 。 ;, ョ   ェ'` ' i、_ ノ  ...:::::c'"' !. |
                    |ェ'`ー -‐'    ス   / r .....'''/:::::::::. / .|
   - S H I N O Z A K I -  .|   _  _, -‐~' ̄L人_ ''' ,ノー -、_ /   |
                    | ,. -‐' `'  'ト ョ'^ `'~  ̄ゝ     `!   |
                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


                九 死 に 一 生 を 得 た が、彼 の 体 は
                異 状 能 力 に 支 配 さ れ て い た。


  .________________
  |         ,-‐ ー 、 、,- 、.       |
  |,ノ、_从、_,、__,、_ __,、_人!_人_,、_|   S O U N D :
  |、,-、,-、,-、, -、,-、,-= ==--、,、, -、,--、 ,─|
  |rf._ ! _,!lr !_ヽ ヽ!l !r,,,ツ_,.!   !`'.!,='. Y 、ヘ|    - H A R A -
  |_ L_r' `ュ' `'ヽ ゝ"/- ノ7 !-ー' `y'^l , |
  | `ー'`='~` " r、 / i-ーll. ,'  j ^ー' ゝ, - (.|    - Y O S H I D A -
  | ィー、ノ ~ュr'",...:ヾ ゝ'、ノ v ./‐'- ^ー-、_`ー |
  |_}    _, ‐':::::::::::`ー'ノノ" ! フ_ヽ..  'ュ |    - K I U C H I -
  | ,.....‐..'::::::::::::::::: ̄>`つ_,ノ  、- ̄`::‐、.' |
  |` ^ ' 彡:: ヘ:::、::: ̄ゝ、,-、,.∧",ヘ::ミ::,、ミ` . |    - T E N N O -
  |   、 ∧/ V ヽ∧/ V^V  V  V ヽ/|
  | \.|V./,-7./,-7./,-7, ‐ヽ , ‐ヽ./7./7 , ク |
  |ヽゝ /-'/./-'/./-'///_` //_`/.=/ // . |
  | / ./'7/./'7/./'7/ ヽ= ' ヽ= '.ー'.ー' ().  |
  . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                   .________________
                   | ゝ`  `ヽ` ノ'ノ ノ'   |   ヽ .    ヽ |
                   | ミ ,. -z、  !  ./    .| ,、、 .ヽ .    )|
  G R A P H I C :         .| ' ~>、,-'  ハ  /'   .  | >'i^'( ヽ .   ケ|
                   |^`‐、, -、.ノ `ー' し -‐'   | ヽr、,^ .ヽ .冫|
    - M .T O K O R O -   .|、 Y::.  )..' ~^ヽ ./ , -、 . |  !., 、ヽ ヽ  ィ|
                   |ソヽゝ、_/:::::, r-ノ ' -‐ ',、ー'フ i ! `っー` .メ|
    - J .S -          |冫, i T`''^;_ク'  (、/_ー'^|  !i , -'    ノ|
                   | 冫 i  `コ '‐、   , -‐ ~_, |, , -'       }|
    - M I X  M A N -      .| (  ゝ /   it !オ '    )、      "|
                   | ミ   `ィ、::. .::ノi!ヾ、  , 、、 ` -'",フ   冫|
    - R I T S U .T -      .| 、  /、_ ェ_', -‐ ,.、 / ` ー-‐'"     ノ |
                   | 、  r ヽ、i,-、 /:::}、          ノ |
                   | ミ   ヽ 、i、ェィ ヽ.'/           ゝ' |
                   | ``ヽ `ヾ ゝ   ノ ` ``ヽ `ヾ-``ヽ-`ー` .|
                   . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     超人として生きる決意をした。だが・・・
     デスタリアンの触手はすでに彼にも


           .________________
           |l i! i ゝヽ、_i,!/`ー'  ... , -、_ ..  i_l . i!.‖
           |l i!(~ ゚   i>   . r'~、 、 ,ー,.   }_ i!.‖
           |l i! l <|   っ   :.`ヒ)ヒヒヒi..:   .,]i!.‖
           |l(`ー       _ .. _: r' 、 ノ , ノ :    !.i!.‖
           |l i  。 ゚   /     ヽ、 ィ‐' /'!    i .i!.‖
           |l `7.     i::   ..:::!./`=-' i  _/...i!.‖
           |lく~ r、 ゚   、ト、____ノ!K !   ,l `ー、_イi!.‖
           |l r' ~ 。.  _ ゝ、__,ノX^ ー-‐ク r!_  `'7‖
           |l .}    / ヽー-‐/ヽ   ィ' `ー'' ,.ム'‖
           |l `=-   /::   /`ー'  \ ノ!      く、'‖
           |-'^、   、::::....ノ:      ..:i  ヨ\   `.‖
           |\,-,    `^ヽ::::..      .:::::!  } i!_,!  }‖
           |l i!{_   r-、'、:::::.... __ ,. イ   ̄、.   ‖
           |l i! .!  くuk /、 ̄;;;; ,ノ^、   |ス,  ‖
           . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

              行 け !    チ ェ ル ノ ブ

               我 前 に 敵 は 無 し


AAはココを参照

 


おまけ2・戦う人間発電所



戻る