好きな俳優


あるチャットでの会話。

俺様「好きな俳優は誰?」
相手「わたべあつろう。」

この時俺の脳裏にお宅訪問で有名な中年俳優の姿が脳裏に浮かんだんデスが、
それは渡辺篤史であって渡部篤郎じゃないんだよねェ。
紛らわしいから改名しろよ、秋野太作か樹木希林みたいにさ。


でもよくよく考えたら私、渡辺篤史が俳優として活動してる姿、ほとんど知らないんですが。

必殺仕置屋稼業藤田まことにブン殴られてる姿と、
必殺仕業人大出俊の女絡みの愚痴をうんざりした顔で聞いてる姿ぐらいのもので。

必殺渡し人では、悪人を腸捻転にして殺す(フラフープ不使用)という、
山崎努や中条きよしもビックリの殺し屋を演じてたらしいですが、それは未見なので割愛。


あ、誤解されないように言っておきますが、私の好きな俳優は渡辺篤史じゃァありません。

では誰が好きなのかと言うと、その渡辺篤史と仕置屋で共演していた沖雅也です、はい。

「誰それ?沖一也と違うのか?」などと言う人は、ココを参照。


おそらく、40代から上の人で沖雅也の名前を知らん人はおらんでしよう。
若くして不世出の天才俳優と呼ばれ、70年代、刑事ドラマや時代劇を中心に大活躍。
しかし1983年、31歳の時、「親父、涅槃で待ってる」という遺書を残し、ビルの屋上から飛び降り自殺、
若くしてこの世を去ってしまう。
その葬儀の際、彼の養父であった日景忠夫が、
周囲の人間が思わず引いてしまうほど号泣していたため、
未だに沖雅也と日景忠夫とのホモ関係疑惑が囁かれています。


ホモといえば、同人系の女のホモに関するこだわり様は、ちょっと異常ですねェ。

中学の時友達に見せてもらったセーラームーンの18禁アンソロジー本に、
バレンタインにプレゼントされた催淫剤入りのチョコを食べたタキシード仮面とゲーセンの兄ちゃんが、
ガマンできなくなってヤッてしまうという、
「貴様らの頭には男同士の厚い友情という言葉はないのか」と問いたくなるような作品がありましたが、

おそらく彼女らの中では「仲のいい男友達=全てホモダチ」という図式が成り立ってるんでしょうなァ。

まァ男の方も、突然現れた12人の妹にモテモテ!(2、3人ぐらい兄貴が嫌いって妹がいてもいいだろ)とか、
突然女子寮の管理人を任されやっぱりモテモテ!(っつーかまだ終わらないのか原作の方は)とか、
色々無茶なことしてるんでお互い様といえばお互い様なんですけど、
それでもやっぱり、男にとっちゃホモってのは気持ち悪いよ、正直。

人間は理屈だけじゃ動けねェンだよ!


ま、無意味にカッコいい台詞はどうでもいいとして。

でも正味な話、沖雅也っていうのは凄い俳優ですよ。

沖雅也の当たり役といえば、

「太陽にほえろ!」のスコッチ刑事

「必殺仕置人」の棺桶の錠

「必殺仕置屋稼業」の市松

というのが一般的な見解でしょう。


それぞれ演じた役柄について軽く解説をさせてもらうと、


これだけ言えば、沖雅也という役者の魅力が十分にわかっていただけたかと。

なに、言われてもわかんねぇ?

だったら俺がさっき紹介した三作品を見なさい。
そうかればよくわかりますカラ。

 

結論:人任せがイチバン楽 百聞は一見に如かず

 


戻る